スポンサーリンク

この記事は約 210 で読むことが出来ます

先日天才ギタリストとして、デビュー以来注目され続けていた村治佳織(むらじ かおり)さんが舌腫瘍で長期休業という発表がありましたので今回は『舌腫瘍』をテーマに書いていきます。
その前に、村治佳織さんをご存じ出ない方もいるかも知れないので簡単にご紹介致します。

村治佳織 (むらじ かおり) 1978年4月14日(35歳)
東京都台東区出身
1993年にクラッシックギタリストとしてデビュー
3歳からクラシックギターを習い始め、デビューまで様々な賞に輝き1994年にはとある賞を最年少で受賞。
様々な実績の為、デビュー当初から『天才ギタリスト』として注目を浴びその容姿からは『美少女ギタリスト』としても脚光を浴びていました。
私個人としては、ギタリストとして村治佳織さんを知ったわけではなく、野菜ジュースのCMで初めて見て美人な女性だなと思い調べると村治佳織さんだったと記憶しています。
村治佳織

それでは今回のテーマ『舌腫瘍と舌癌』の違いについて書きます。

スポンサーリンク

まずは、舌腫瘍について『腫瘍』と聞くと真っ先に思い浮かぶのが『癌(ガン)』ですが、癌には良性腫瘍と悪性腫瘍の2種類に分けられ悪性腫瘍だった場合、癌と判別されます。
一方良性腫瘍であった場合、命に関わることはなく切除等の手術で済みます。
良性腫瘍と悪性腫瘍の見分け方に関しては、専門の医師達であればある程度一見しただけ、もしくは触ったことで判断できるとのこと。
腫瘍の見分け方のポイントとして、切除された腫瘍の堅さと腫瘍周辺の状態だそうです。

というわけで、舌腫瘍 = 舌癌 であるということでは決してありません。
村治佳織さんの舌腫瘍に関しては、今現状良性腫瘍か、悪性腫瘍か発表はされていないのですが良性腫瘍であることを切に願います。

舌腫瘍が出来てしまう原因としてははっきりと解明されていないようですが、『喫煙や飲酒』などによる科学的な舌への刺激をはじめ、噛み合わせや舌ピアスなどによる直接的な舌への刺激が舌腫瘍の起因になっているのではないか?と言われています。
諸説によると、若年層で発症率が高いのが舌癌と言われおり、30年前と比べると死亡率が3倍以上なんだとか...舌癌を発症した有名人の方を調査すると 『石原裕次郎(いしはら ゆうじろう』 etc…
舌癌でなくなった有名人は、漫画家 古城 武司(こしろ たけし) 、文芸評論家 十返 肇(とがえり はじめ) など数名が該当しました。
今現在も舌癌との闘病生活を送られている有名人の方もいらっしゃるようです。

スポンサーリンク