スポンサーリンク

この記事は約 316 で読むことが出来ます

桜の開花が話題になりはじめていますね。いよいよ入学シーズン。

周りで新入学の知らせを聞く機会も多いのではないでしょうか。

入学祝いを贈りたいけど、のし袋はどれを選んだらいいか、表書きの書き方はどうすればいいかなど、お祝いのマナーをおさらいしておきましょう。

めでたいのし袋の選び方と水引きの基本

のし袋の右上の方にひし形のような紙で出来たものがついていたり、印刷してあったりします。

これが「のし」です。

まずはこの「のし」のついているのし袋を選びます。

次に水引。

真ん中で袋を結んでいる紐のことですね。

入学などの何度あってもおめでたいお祝いの場合は、水引の結び目がほどけて何度でも結びなおせる蝶結びののし袋です。

入学祝い のし

ちなみに、結婚などの一度きりであってほしいお祝いの場合は、結び目がほどけない「結びきり」を使います。

水引の本数は3本、5本、7本とありますが金額が大きくなれば水引の本数も多いものを選びます。

1万円くらいまでなら3本、3万円くらいまでなら5本、それ以上なら7本を目安にします。

水引は、紅白のものが正式な形ですが、最近は入学祝い向けにかわいらしいデザインのものや男の子向けに青っぽい色合いののし袋も売られています。

あまり高額でない場合や、贈る相手が親しい場合はデザイン的なのし袋を選んでも喜んでもらえるでしょう。

入学祝等ののし袋の表書き注意点

のしを選んだら、次は袋の書き方ですね。間違えたらどうしよう…とドキドキするところです。

スポンサーリンク

黒の毛筆、または筆ペンではっきり書きます。

筆ペンがどうしても苦手な方はサインペンでがんばりましょう。

ボールペンはNGです。

まず表書きから。ご祝儀袋の表面に書く部分です。

水引の上にはなんのお祝いなのか、を書きます。

入学祝いの場合は、「入学御祝」「御祝」「祝御入学」などと書きます。

水引の下には自分の名前をフルネームで書きましょう。

何人かでまとめて贈る場合は、右から順に、年長や上役から書くようにします。

特に上下関係や年齢差がない場合は、50音順で構いません。

のし袋の中袋の書き方とお金の入れ方

中袋にはまず、表に金額を縦書きで書きます。

その時の金額記載は、金○○円也と書きましょう。

伍阡円、壱萬円、弐萬円、参萬円、拾萬円のように、旧字の漢数字を使うのが正式とされていますが、入学祝いですからそこまで格式ばらなくても、一万円、三万円、と書いても問題ありません。

裏には自分の住所と名前を書きます。

こちらも縦書きで。

中袋によっては金額欄や住所欄がついている場合もあります。

その場合は、欄にそって書けばOKです。

★祝儀袋 中包み(中袋) お金の入れ方

気になる入学祝いの相場、自分の年齢によるお祝い事の相場

贈る相手が甥や姪、いとこの子どもなど近しい関係の場合、あなたが45歳未満なら5,000円でも構わないでしょうが、あなたがもし45歳以上なら、10,000円は贈りたいところ。

やはり40代も後半となればそれまでの金額と同じだと、自分が貧相に見えてしまいます。

あのおじさんケチ!!なんて言われないためにも、金額の方も奮発しましょう。

お友達のお子さんの場合も、今までなら3,000円だったところを5,000円くらいに、ごく親しい友人のお子さんで、お子さん本人とも面識があるなら10,000円にするとよいでしょう。

のし袋が用意できたら、最後はお札ですね。

お祝いですから新札を用意してくださいね!!

入学のタイミングを逃さないよう、4月中旬までには渡してあげましょう。

スポンサーリンク