この記事は約 314 で読むことが出来ます

社会人になって、結婚して生活環境が変わった時責任感を感じるアイテムのひとつに印鑑があります。

印鑑は家を借りる、電気、ガスなどの契約をするなど様々な場面で登場します。

書類に名前を書いて、丁寧にハンコを押して。

名前を書くことを署名や記名と言いますが、違いを知っていますか?

ハンコを押す場所に押印や捺印と書いてありますが、違いがわかりますか?

契約書にサインする時に知っておいたら戸惑わない豆知識。いろいろと調べてみました。

押印 捺印 丁寧

押印と捺印の違い

押印と捺印の違いは何でしょう?どちらも印鑑を押すことですね。

「押捺」(おうなつ)という言葉もあるくらい全く同じ意味を持ち使い分けられることも少ないようです。

一般的に多いのが、署名と一緒に押すのが捺印。

記名と一緒に押す、又は印鑑だけを押す場合に使う言葉が押印と使い分けられているようです。

「署名捺印」「記名押印」という言葉もあります。

署名と記名の違い

では、署名と捺印の違いはどうでしょう?

署名と記名も同じように名前を書くと言うことでは同じですね。

でも、契約書を作成する場合は、大きく意味が違ってきます。

簡単にいうと、署名は本人の自筆の手書き。

記名は他人の代筆、ゴム印、名前が印刷されているなどの場合です。

押印 署名

ただし新商法第32条で

「この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって署名に代えることができる」

とあります。

つまり、記名+押印=署名ということです。

しかし、日本では署名だけの契約書は不十分でなんとなく不安な感じがしますね。

一般的には署名と捺印が通例です。

押印と捺印はどっちが丁寧なのか?

書類に署名や記名をする時に、丁寧な書き方はあるのでしょうか?

契約や証拠などのために名前を書く場合、その有効性や信用力が高いのは、

1、 署名・捺印

2、 署名

3、 記名・押印

4、 記名

の順になります。

法律で、記名+押印=署名となっていますが、署名の方が信用力は高くなります。

また、記名だけでは正式な効力とは認められない場合が多いです。

書類に印鑑を押す時も、丁寧に見せる為に押すのではなく信用性のために押すと言うことですね。

押印と捺印。それぞれの使用場面

印鑑は大きく分けて3種類あります。シャチハタ印、認印、実印です。

実印は登録する印鑑で一人に一つだけです。

認印を登録することもできますが、自分だけの実印ですから人と同じにならない様注文して作ってもらう人も多いです。姓名が入った印鑑も実印で使うことが多いですね。

シャチハタ印は、大量生産されていて同じものが多数出回っている、ゴム印なので材質的にも変形すると言うことでシャチハタ印不可と言うこともよくあります。

そんな時に使うのが認印と思っていいでしょう。

認印も、特別な苗字でない限り既製品ですが、シャチハタ印よりは種類が多数あります。

正式な契約の時に重要なのはやはり署名です。

印鑑はオーダーメイドでない限り同じようなものがありますが、署名は自分だけの筆跡です。

署名には、普段思っているより重要な意味があるのですね。

独身の時には、自分のことでしか署名捺印をしませんが、結婚して家族が増えると色々な場面で署名捺印をすることが多くなります。

特に近年は個人情報保護や本人の特定など、制約が多く、夫の名前で契約しているものを、妻が変更するには委任状が必要になるなど、署名捺印の意味の重さを感じる機会が増えるかもしれませんね。