スポンサーリンク

この記事は約 349 で読むことが出来ます

オンザ眉毛で前髪ナナメちゃんの刑事。

大島優子さんが連続ドラマ初主演で演じる永光麦秋のキャラクターです。

ドラマの登場人物って、個性的な名前が多いけど、麦秋っていう名前にもきっと意味があるのでしょうね。

TBS系列で、4月から木曜21時の連続ドラマ、ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~。

初回放送は4月16日です。

なんだかインパクトのあるタイトルですが、初めて聞くと??ですよね(私だけ?)

ヤメゴクが極道をやめるって聞いて納得。

あらすじ、気になる出演者、足抜けコールなど 色々調べてみました。

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ のあらすじ

以下、ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~から引用


警視庁組織犯罪対策部(いわゆるマル暴)内の
「暴力団離脱者相談電話」通称“足抜けコール”が舞台です。
大島さんが演じる主人公・永光麦秋は、この“足抜けコール”で働く警察官。

麦秋は、足抜けコールを受けて相談者と接触し、暴力団組織からの離脱を実現させていきます。
相談者が脅しにかけられても、その脅しをかけてきた人間に自分の身ひとつで立ち向かい、
相談者への妨害を防ぐために「一筆、頂戴します!」と、
組織関係者から念書を取る場面が見どころの一つです。

常に喪服姿の警察官、表情が無い、ヤクザや相談者をクズ扱いし、目の敵にする、
どんなに巨大な敵であろうと情け容赦なく叩きのめすなど、
麦秋はかなり冷酷で個性的なキャラクターの様です。

そんな“足抜けコール”を描いた警察ドラマであり、周囲の人間模様を描いた人情ドラマです。
麦秋が葛藤しながら、どんなふうに成長していくか楽しみですね。

ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~ の出演者

永光麦秋(ながみつ ばくしゅう):大島優子 冷静沈着で冷酷な女刑事

スポンサーリンク

三ヶ島 翔(みかじま かける):北村一輝 麦秋の相棒

石山博文(いしやま はくぶん):田中哲司 足抜けコールの室長

佐野直道(さの なおみち):勝地 涼 暴力団追放推進センター暴追アドバイザー

有留章子(ありどめ しょうこ):山口紗弥加 ヤクザの更正を手助けする医師

永光由美子(ながみつ ゆみこ):名取裕子(特別出演) 麦秋の母

永光 遥(ながみつ はるか):本田 翼 麦秋の妹

橘 勲(たちばな いさお):遠藤憲一 暴力団「関東貴船組」の組長

第1回ゲスト:でんでん

毎回個性的なゲストが期待できそうです。

警視庁組織犯罪対策部の仕事

平成4年3月に施行された暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律、

通称「暴力団対策法」または「暴対法」の流れの中で、

政治家や警察官僚からの上意下達により “足抜けコール”が生まれました。

“足抜けコール”の仕事は、暴力団の構成員(ヤクザ)を堅気に戻すこと。

つまり、構成員から“足抜けコール”があると本人とコンタクトを取り保護。

さらに所属していた暴力団組織に話をつけ、最終的には堅気の就職先を斡旋するというものです。

この「暴力団離脱者相談電話」は、神奈川県や北海道の警察本部に設置されています。

大島優子の過去出演作品等

大島優子さんといえばAKB48での活躍が有名ですが、8歳の頃から、子役として芸能活動をされていました。AKB48在籍中も、連続ドラマに多数レギュラー出演しています。

初のレギュラー出演は 2002年 東京庭付き一戸建て

最近では
2011年 私が恋愛できない理由
2012年 カエルの王女さま
2013年 安堂ロイド
2015年 銭の戦争
ほぼ毎年のレギュラー出演に加え、単発ドラマやゲスト出演は多数あります。

映画でも、AKB48関係はもちろん
2012年 闇金ウシジマくん
2013年 劇場版SPEC~結~
2014年 紙の月
と、話題作に出演し、紙の月では 日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を報知映画賞、ヨコハマ映画祭、東京スポーツ映画大賞で助演女優賞を受賞されています。

カンの良い女優さんで、共演者の方から色々な事を学び1作品ごとに成長されています。

日本アカデミー賞の授賞式では、これまでと違う大人っぽいドレスで登場しきれいになったと話題になっていたのは、記憶に新しい所ですね。アイドルから女優へ、活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク