スポンサーリンク

この記事は約 320 で読むことが出来ます

毎回話題のWOWOWプライム、連続ドラマW。次回は、闇の伴走者です。

原作の長崎尚志さんは、漫画編集者、漫画原作者として非常に有名な方です。

主に「ビックコミック」でたくさんの作品が出されています。

「MASTERキートン」もこの方の原作(共著)ですね。

監督は、映画「僕等がいた」「ホットロード」など話題作を手がけた三木孝浩さんです。

正義感あふれる感じの松下奈緒さんと、怪優という言葉が誰よりも良く似合う古田新太さん。

松島さんは、古田さんとの共演を大喜びされています。

どんな化学反応がおきるか、楽しみですね。

原作「闇の伴走者」を簡単にまとめたあらすじです

出版関係専門の調査会社の調査員水野優希(松下奈緒)は、漫画界の巨匠の未亡人から仕事を依頼されます。
夫の画稿管理室から見つかった50枚の未発表原稿。
発見された原稿には、“漫画家”と名乗る人物が、若い女性を誘拐・監禁し、苦悶する姿をデッサンして殺害するというストーリーでした。
さらには、作中の被害者の顔は、35年前の連続女性失踪事件で消えた女性に酷似していました。
未亡人は、夫がこの事件の犯人だったのかもしれないと懸念し、優希に調査を依頼してきたのでした。優希は、協力者として紹介されたフリーの漫画編集者醍醐真司(古田新太)を訪ねます。
醍醐は漫画に対する造詣が深く、画稿の背景やシャドーの描き方、ペンやスクリーントーンの種類などから、描かれた年代や作者を探そうとします。
果たしてこれは巨匠本人が描いたものなのでしょうか?
別人が描いただとすれば誰が、何の目的で描いたのでしょうか?
作者は現実に女性を次々に誘拐し殺した犯人なのでしょうか?
やがて二人は、原稿に遺された痕跡に哀しくも恐ろしい連続殺人犯の手掛かりが潜んでいることに気付きます。
痕跡は新たな猟奇事件を招き、驚くべき犯人像が浮かび上がりますが…。
二人はぶつかり合いながら、支え合いながら、命がけで事件の謎を解き明かしてゆきます。
二転三転しながら、ありえない結末へ向かいます。

スポンサーリンク

WOWOWプライム 連続ドラマ闇の伴走者放送日時



このドラマは1週間に同じ回の話が3度放送されます。

毎週土曜日22時からと、月曜22時からと、土曜12時からです。

それぞれ第1話は4月11日と13日と18日です。

録画予約が家族とバッティングして、裏録でも足りない時には便利な放送スケジュールですね。

まぁ、ドラマは少しでも早く次回を見たいものですが・・・

第1話は無料放送、全5話のドラマです。

まだ「闇の伴走者放送開始」に間に合いますよ ⇒ WOWOW_新規申込

ドラマ 闇の伴走者の主な出演者たち

松下奈緒:元警察官で調査員 水野優希役

古田新太:フリーの漫画編集者 醍醐真司役

田中哲司 要潤 藤井美菜 温水洋一 野間口徹 森田順平 

前野朋哉 真野響子 森本レオ 平田満

ドラマ 闇の伴走者の結末やいかに!?

元警察官と、漫画編集者という異色のコンビ。

漫画の虚構の世界とリアルな現実の世界。

アンバランスな要素が絡み合いながら進んでいくミステリーですね。

原作には漫画編集者の生態や、漫画の手法、系譜など、漫画業界の裏側と言って良いような雑学がたっぷり入っていました。

厳しい漫画家の世界の中の天才と呼ばれる一握りの人たち。

常に頂点を争い、抱えるストレスも相当で、天才達に襲い掛かるストレスゆえの悲劇。

犯人の視点からの章もあったりして、面白かったです。

伏線がもう少し多ければ、もっとミステリーらしさが強まったのかもとも思いましたが、ラストは感動的でした。

ドラマでは、どんな風に進行するのか、オリジナルの結末が用意されているのか、とても楽しみですね。

スポンサーリンク