スポンサーリンク

    この記事は約 159 で読むことが出来ます

    先日テレビで『看取り士』という職業の存在を発見したので、今回は『看取り士』に関して書いてみます。まず皆さん、看取るという言葉自体はある程度聞き覚えがあると思いますが、病人を世話する。死期まで見守る。ことを指します。
    今回のテーマである『看取り士』は、終末期の人を看取る為に存在する民間資格者を言うようです。人の最後に関係する職業と言えば、葬儀屋の他、映画おくりびとで話題となった『納棺士』などが挙げられますね。
    高齢化社会の日本では、このような人の世話を行う仕事が今後も需要が伸びていくでしょう。
    看取り士

    さて、看取り士の資格を得るためには何が必要か?気になる方も多いでしょう。
    看取り士は国家資格でないのはわかっていますが、資格取得出来る機関がぱっとみ不明…ネットで調べていると鳥取県にある『なごみの里』というところで、看取り士養成講座なるものが2011年から開講されていることがわかりました。
    看取り士養成講座は鳥取県なごみの里で開講されており、1日2回計6回の看取り学講座を学ぶ模様。1回4,000円
    3泊4日内観、1週間内観などコース?の差もあるみたいですが、これらを受講すれば『看取り士』となれるのかは不明。
    看取り学に関する講義はなごみの里以外でも北海道で開講しているらしいです。定員等は記載されていませんでしが、表記を見る限りわりと人気が高そうです。

    スポンサーリンク

    看取り士の給料・年収について調べてみたんですが、やはり認知度が低いのか。それとも、看取り士専業として生活している人がいないのか、情報がありませんでした。一時期話題になった『納棺士』の給料・年収は、属する葬儀屋や地方によって違うようですが年収300~1,000万円まで超幅広く存在。
    基本的には企業に属して給料として受け取るのですから、こんなものでしょうね。
    余談として、これら『人の死に関連する仕事』では、『御心付け』として現金を頂戴できる場面も多くあります。

    テレビで紹介されていた看取り士『柴田久美子』さんは、看取り士としての仕事以外にも書籍を出版されているので参考にはとてもならないでしょう。看取り士に興味がある方は、柴田久美子さん著書をご覧になってはどうでしょうか?
    正直これらの記載を調べた限り、やはりそれなりの覚悟と志しを持ち合わせていなければこれら『看取り士・納棺士』という職業にはつけなさそうですね

    スポンサーリンク