スポンサーリンク

    この記事は約 45 で読むことが出来ます

    自分で野菜を作るのは楽しいですね。

    ベランダで育てていて一番良いことは、採れたてをすぐに食べられること。

    農薬の心配がいらないこと。

    家で育てた野菜なら、子供も食べる様になったという人も多いですね。

    まめじゃないから、野菜つくりなんて無理!

    っていう人でもやってみようかな?と思える簡単な野菜を調べてみました。

    ベランダ 野菜 簡単

    初心者におススメのベランダ野菜

    一番重宝して簡単なのは、万能ねぎ。

    根が付いているねぎを買ってきて、根の部分をカットして土に植えて置いたら育ちます。

    ラディッシュ

    二十日大根ともいう通り、20日くらいで種から育ちます。

    間引き菜は、味噌汁の具にも使えますよ。

    バジル

    バジルは種からでも苗を買ってきても、挿し芽でも増やせます。

    種類がありますが、まずはスイートバジルがおすすめです。

    葉をつむと、枝数が増えて横に広がって大きくなります。

    花を咲かせてしまうとそちらに栄養が取られてしまうので、つぼみが出来たらこまめに摘むのが、長く楽しむ方法です。

    また、ラディッシュやトマトと相性が良く、並べて植えると、お互いの病害虫防除になったり、土の中の微生物相が豊かになり、お互いの植物の健康状態が良くなるというメリットがあります。

    ミニトマト

    初心者には、トマトよりもミニトマトがおすすめです。

    苗で買ってきて、支柱を立て、紐で軽く結わえておきます。

    植え付けから10日程経つと、脇芽がたくさん出てきます。

    脇芽にも花が付きますが、主枝の成長が遅れたり、葉が混み合うと風通しが悪くなるので、脇芽は適度に摘み取りましょう。


    脇芽の見分け方を丁寧に教えてくれる動画です。
    わかりやすいですよ。

    ベランダ栽培の場合、高さにも制限がありますね。

    主枝の先を切ると、そこからは伸びず、果実の生育も良くなります。

    スポンサーリンク

    ベランダ野菜を育てるための土や肥料の選び方

    土の選び方によって、野菜の育ち方は大きく変わります。

    野菜用の土にもたくさんの種類があって、迷ってしまいますね。

    肥料入りの土がおすすめです。

    野菜が根を張りやすく、栄養を含んだ土が良い土です。

    土選びのポイントは、4つです。

    完熟の堆肥を使っているもの。

    異臭、悪臭のしないもの。

    重すぎず、軽すぎないもの。

    極端な廉価品でないもの。

    育てる野菜によって、必要な栄養分が違います。

    追加で与える肥料は、野菜に合ったものを選びましょう。

    説明書きは、売り場にも、袋にも書いてありますが、お店の人に効くのが早いですね。

    ホームセンターなどで、野菜作りに詳しい店員さんを見つけるのも、簡単に野菜作りを成功させるコツですよ。

    ベランダで野菜を育てたい!!虫が苦手でも栽培できる?

    庭で植えている野菜には、土の中に住む虫に悩まされるひとも多いのですが、プランターでは、その心配は少ないようです。

    問題は、飛んできて、葉に卵を産むものでしょうか?

    ハーブ類は比較的虫が付きにくい様なので、虫が付きにくい野菜を育てるのをおすすめします。

    また、プランターごとすっぽり覆える防虫ネットも売っています。

    ネットの上から水やりもできるので便利ですね。

    ベランダ野菜栽培で季節ごとの注意点

    ベランダで野菜を育てる場合、プランターをじかに置くのは避けましょう。

    コンクリートは熱が伝わりやすいので、夏の暑さ、冬の夜の冷え込みが、影響を与えます。

    すのこを敷くなどして、直接熱が伝わるのを避けましょう。

    また、木製のすのこは腐りやすいので、使用前にラッカーを塗ると長持ちしますよ。

    夏は早朝と夕方に水やりをしましょう。

    昼間に水やりをしてはいけません。

    冬の水やりは午前10時頃がベストです。

    どうしても早朝に水やりをする場合は、ぬるま湯を混ぜて、水を適温にしてやりましょう。

    冬の夜は、絶対に水をやってはいけません。

    水分が凍り、根を痛めてしまうからです。

    春や秋には、朝の水やりがベストです。

    春から夏にかけては病害虫が多く発生する時期です。

    ユーカリやペパーミントなどの殺菌性のあるアロマをスプレーする方法もありますが、薬剤を巻く場合には、自分の家の洗濯物の他に、集合住宅なら、隣や階下の人も気づかって撒く様にしましょう。

    野菜作りは、簡単なものを育てて自信をつけて、ステップアップしていくのがコツの様ですよ。

    スポンサーリンク