スポンサーリンク

この記事は約 458 で読むことが出来ます

お花見の季節も終わり、アウトドアにもいい季節になってきましたね。
ゴールデンウィーク(GW)にキャンプなどを考えている方も多いのではないでしょうか。

簡単なピクニック程度だったら、レジャーシートだけあればいいか、と思いますが、

実際にキャンプ場などについてみると、

やっぱりテーブルやチェアがあればよかったなぁ、なんて思うことありますよね。

テーブルとチェアの組み合わせや普段使いの活用法、

あると便利なLEDランプなど、定番のアウトドアグッズの情報を集めてみました。

アウトドア用品

アウトドアでのテーブルとチェアの組み合わせ、使いやすいのはどれ?

レジャーシートだけだと、現場に着いて、意外と石だらけ!お尻痛い!とか、平らな場所がなくて食べ物が置きづらい!なんてことがあったりします。

そんなに高いものでもないですし、重くもないので、一揃い用意しておくと便利ですよ。

テーブルとチェアがくっついている一体型のものがありますが、あれはお勧めしません。

安くて便利な気がしますが、チェアの位置を変えられないので、自分のベストの位置で座れませんし、小さいお子さんだとテーブルに届かないことも。

そして大人4人だと狭いです。

食事が終わったら少し広く場所をとって座りたくるものですが、一体型はそういう時に融通が利きません。

テーブルとチェア分離タイプのセットもあります。

一体型よりはいくらかましですが、2人がけのベンチ式でもちいさなチェアのセットでも座面が小さく座りにくいことが多いです。

ちょっと割高と思っても、テーブルとチェア別々に買うのが断然お勧めです。

圧倒的にリラックスできますので!

テーブルは60*90センチのサイズがスタンダード。4人くらいだったらこれで十分です。

半分にたためるタイプがほとんどなので持ち運びも楽々です。

3,000円くらいからあります。

チェアは、肘掛のついているゆったりした作りのものがお勧めです。

テーブルを囲むだけでなしに、釣りや火の番をするのにもいいですよ。

肘掛のところにカップフォルダーがついていると、なおよいです。

大きいものはたたんでもそれなりにかさばるので収納のことを考えると敬遠したくなるかもしれませんが、ここは座り心地を優先してほしいのです。

せっかくのんびりしにアウトドアに行くのですから、ゆったりできるものがお勧めです。

1,000円くらいからあります。

リクライニング式の寝椅子も、人数分はちょっと大変なので、1つか2つ用意してみてはどうでしょう。

ベンチのように使うこともできるし、小さいお子さんが寝てしまった場合の簡易ベッドにもなりますし、

なんといっても、ごろんとできるのはアウトドアの醍醐味ですよ。

地面が石だらけでも快適なんですから。

3,000円くらいからありますが、4,000円前後以上のものにした方が耐久性などの面で心配が少ないでしょう。やはり安い物はそれなりですので、最安は避けて正解です。

スポンサーリンク

テーブル チェア 普段使い

LEDランタンも最近は色々なタイプがあります

早く帰るつもりがうっかり遅くなってしまって、暗くなり始めてよく見えない中の片付けが超大変だった!なんてこともありますよね。

LEDランタンを1個用意しておくだけで、こんな時大活躍ですよ!

乾電池式のものだと1,000円くらいからあります。

ソーラー式だと少し高くなって2,000円くらいから。

電池の備えもいらず、お天気がよければ昼間充電しておけばいいですし、かなり小さくたためるものもあります。災害時にも役立ちそうですよね。

電気代の節約のため、普段も使っているという人もいます。

その他、モバイルバッテリーとしても使えるものや、懐中電灯としても使えるもの、昔ながらのランタン形で暖色の灯りのものなど、色々なタイプが出ています。

選ぶだけでも楽しいですよ!

普段使いにお勧めなアウトドアテーブルとチェア

アウトドアのテーブルやチェアはどこかに行く時だけ!と思っていませんか?

意外と普段も使えちゃうんです。

まずテーブル。

ちょっとした来客時、居間にテーブルもイスも何にもない!なんて時、アウトドア用のテーブルを低くして
(たいてい高さが2段階に調節できます)

テーブルクロスをかければ、即席の座卓の出来上がり。

知らない人には言わなければアウトドア用のテーブルとは気づかれません。

それからアイロンがけなどちょっとした家事の作業台がほしいなぁ、という時

60*90センチのでもいいのですが、もう少し長い120センチというタイプが道具を置いたりするのに便利なんです。

ガーデニングをする方なら、しゃがんでの作業を立ってできるようになります。

使わない時はたたんでしまっておけばいいし、アウトドアでも人数が多い時や、載せたいものが多い時に重宝しますよ。

また、ちょっと昼寝がしたいけど布団に入ったら本気で寝てしまう…とか、ちょっとだけ冷房の聞いた部屋でごろっとしたいんだけど場所がない…という時、リクライニング式の寝椅子を出してくれば!

この「ちょっとだけ休みたい」という要求にぴったりなんです。

夏、冷房の効いた部屋で寝椅子での昼寝は最高ですよ。

【キャンプ道具】Coleman イージーリフトチェア を紹介します!

2分55秒くらいから、リクライニングの実演あり!その後たたみ方へと続きます。

アウトドアだけでなく、普段使いでも色々役立つアウトドア用品。

購入の際には、普段使いのシーンも想像してみてくださいね!

スポンサーリンク