スポンサーリンク

この記事は約 410 で読むことが出来ます

胃炎や胃潰瘍、胃がんの発見には、胃カメラ(内視鏡)を使った検査が非常に役に立つことは、
なんとなく知っているけど、実際に進んで胃カメラの検査をしようとは、
なかなか思いませんよね。

鼻から入れる方法が出来たことで、胃カメラの検査をする人は何倍にも増えたそうです。

胃カメラは、気軽にできるものなのか、鼻から入れるメリットって本当にあるのか、
いざという時の為に、調べてみました。

胃カメラ 鼻 メリット

胃カメラはどんなときに検査が必要なのか?

胃カメラを経験したことのある人の多くは、健康診断ではないでしょうか。

簡単な健康診断には胃カメラはメニューに入っていませんが、オプションで付ける事が出来ます。

オプションで胃カメラを追加しようと思う人は、これまでに胃の病気をしていたり、
前回の検診からの間に、胃に痛みや不安を感じた人が多いと思います。

また、胃が痛い、胸やけがするなどで病院へ行った時、胃カメラの検査もすることになった
という人もいるでしょう。

胃カメラは、特定の人には定期的に受けるなどして何度か経験のあることかもしれませんが、
胃や消化器系統に不安が無いような多くの人には馴染みの薄いものですね。

胃カメラは、直接胃や食道の粘膜を観察することができるので、色調や、微妙な凹凸の変化、
状態がわかるので、腫瘍、ポリープ、炎症などの診断が可能です。

胃カメラ検査の方法。口から入れるのと鼻から入れる胃カメラ

胃カメラは、口から入れるタイプと鼻から入れるタイプがあります。

口から入れる場合、のどに麻酔をかける場合と、のど麻酔と睡眠導入剤を併用して、
少し眠った状態で検査をする場合の2種類があります。

鼻から入れる場合は、鼻からのどにかけての麻酔をします。

花粉症やアレルギー性鼻炎の人でも、鼻の粘膜の腫れをとるような処置をしてから
胃カメラを入れるので、問題なくできる様です。

以外に鼻から入れる胃カメラを希望する人がいる。鼻から胃カメラのメリット

口から入れるタイプよりも、鼻から入れるタイプの方が楽だという人が多いのですが、
本当に楽なのでしょうか??

スポンサーリンク

口からの入れるタイプがつらかった人の理由で多いのは、カメラを入れる時に、
舌の付け根にあたって「ゲッ」となる現象です。

歯磨きの時に歯ブラシで「オェッ」となる人には、
口から入れる胃カメラは本当につらいものですが、鼻から入れるタイプなら大丈夫です。

また、口から入れるタイプだと、マウスピースを加える必要があるので、
検査中に会話が出来ませんが、鼻からだと口はフリーなので会話が出来ます。

検査中マウスピースをずっとくわえたままなのは、結構つらいそうなので、
検査中は断然鼻から入れる方が楽な様です。

メリットがあれば、デメリットもあります。

まれに鼻が小さかったり、極端に変形していたり、鼻の手術歴のある人は、
鼻から入れられない場合があります。

また、極度の鼻炎などで鼻が詰まっている場合も、鼻からは入れられません。

鼻から入れることが可能かどうかの検査は、胃カメラをする人全員が受けますが、
その検査の時間は、口から入れる場合より長くかかります。

検査後、鼻から抜く時に鼻血が出ることがあります。

当たる場所によってはたくさん出る場合もあるようです。

それでも、経験者の多くの人が次に検査をするならやはり鼻から入れたいと言うそうですから、
やはり鼻から入れるタイプの方が、一般的には楽だと言えますね。

鼻から入れる胃カメラのコツ

鼻から入れる胃カメラのコツは主に2つです。

それは麻酔をする時で、ここを乗り越えれば後は楽にできます。

前処置として、鼻血を出しにくくするためと鼻の通りを良くするために鼻腔に血管収縮剤を
スプレーし、その後で麻酔薬を入れます。

麻酔薬はスプレーだったり、どろっとしたゼリー状のものだったりで、
病院によって違うようです。

左右の鼻にするのですが、麻酔を入れている時は息を止めておくのがコツです。

鼻から入った麻酔は自然に喉まで流れて行きますが、ここで息を吸うとむせて
おぼれたようになってしまいます。

もう一つのコツは、麻酔をかけた後落ち着いてはゆっくりと呼吸をするということです。

麻酔は鼻と喉にかかっていて呼吸がしにくくなっているので、それを理解していないと
呼吸が出来なくなった感じがして、パニックになる人もいるそうです。


前処置の様子の動画です。
この患者さんは落ち着いていますね。
こんな風にリラックスして受けると良いのかもしれませんね。

はじめての時は、何かと不安なものです。

医師や看護師さんにも、コツを聞いてみて下さいね。

スポンサーリンク