スポンサーリンク

この記事は約 350 で読むことが出来ます

初対面が苦手かどうかと聞くと、たいていの人が苦手と答えるのではないでしょうか?

初対面でも平気な人はたくさんいるよ・・・と思いますが、
そんな人は本当は苦手だけど、打ち解けるのが早いから、早く平気になるんです。

会社で、学校で、春から新しい生活をスタートした人は特に、新しい出会いが多いはずですね。

初対面の印象が良ければ、良いことがたくさんあるはずです。

初対面の人とうまくいく話題や会話のしかたを調べてみました。

初対面 会話 話題

もしかして人見知り??初対面が苦手な人の対処法

初対面が苦手な人は、そもそも何が苦手なのでしょうか?

人見知り?
何を話したらいいか分からない?
会話が続かない?
自分を良く見せたい?
理由は色々とあると思いますが、一番の対処法はリラックスすることです。

緊張する人は、初対面の人と1対1で話すのは、大勢の前で話すことよりもずっとまし!
くらいの気持ちで臨みましょう。

初めの挨拶をにこやかにすると、相手の緊張も取れ、こちらもリラックスできますが、
自分が緊張していると相手にも伝わってしまい、ぎこちない雰囲気になります。

まずは、笑顔で良い雰囲気を作れば、自然に場がなごみ、相手に与える印象も良くなるので、
無理に自分を良く見せようと思う必要はなくなります。

相手が話し上手なら、それに乗っかっていけばいいですね。

また、相手も人見知りの様なら、それもネタにしてしまいましょう。

「初対面はどうも緊張してしまって、学生時代も新しいクラスになじむのに苦労しました。
〇〇さんは、新しいクラスや職場にすぐに馴染める方ですか?」
などと聞き、
「わりと馴染めます。」と返ってくれば、
「うらやましいです。どんな話題で盛り上がるんでしょう?」
と、さらに深く質問するのもいいですし、
「私も初対面は緊張します。」
と返ってくれば、今までの緊張体験談などに話をつなげることができますね。

話のきっかけは、身近な話題で充分です。

スポンサーリンク

話をしているうちに緊張はとけてきますよ。

気まずい空気になりにくい会話が続く鉄板の話題

誰とでも話しやすい鉄板の話題、これがあれば便利ですね。

天気、食べ物、地域(生活圏や出身地)、ニュース、ペット、流行の物、レジャーは、
話題にしやすいネタです。

初対面の人との会話なら、難しい問題に対する話題や、専門的な話題はさけて、
一般的な、当たり障りのない話題で話を進めて行くのが良いですね。

話しているうちに、共通点が見つかればそのことについて話を広げていけばいいでしょう。


1分頃からは食べ物、1分半頃からはファッション、3分頃からは健康の話で盛り上がっていますよ。

初対面でも会話を盛り上げるポイント

会話を盛り上げるには、相手が答えやすい、会話が発展するような話題を選びましょう。

鉄板ネタに自分の体験や好みなどを混ぜると、話は膨らみますね。

「よく雨が降りますね」だけでなく、
「雨は嫌だけど、新しい傘なのでちょっと楽しかったんです」など
相手が興味を示すような話題を探しながら話すと良いでしょう。

また、自分が話すばかりではなく、
相手が気持ちよく話せるような「聞き上手」にもなりましょう。

話を良く聞いていると、相手の好みも見えて来て、
会話が盛り上がる話題も見つけやすくなります。

ぎこちない会話が命取り!?会話を途切れさせないために

会話が途切れるのを恐れてはいけません。

途切れさせない様に必死になっていると、ぎこちなく、かえって気まずくなるでしょう。

相手が話している時は、「うなずく」という動作が結構効果的です。

相手の意見を肯定するなら、「そうですね」や、「よくわかります」などの言葉も添えると、
相手が話をしやすくなります。

自分が話している時は、相手のリアクションを確認するという意味で、
合間に質問を入れたり感想を求めたりして、興味がなさそうな話題だと感じたら、
自然に違う話題に持っていけばいいでしょう。

学生なら、年齢も同じくらいで、共通の話題も多くあると思いますが、
社会人になってからの初対面の人は、年齢も経歴も様々です。

たくさんの人と出会うたびに、初対面の人との会話も慣れてくるので、
そのうち、知らない間に平気になりますよ。

スポンサーリンク