スポンサーリンク

この記事は約 439 で読むことが出来ます

新入社員の人は、初めてのお給料をもう、もらった頃だと思います。

もしかしたら、4月分は寸志や仮払いで、5月から、きっちりとお給料として
もらえる会社もあるかもしれませんね。

給与明細には細かい項目がたくさん並んでいます。

新入社員の人も、そうでない人も、頂くお給料の内訳はちゃんと把握できていますか?

税金や社会保険なども含めて、給与明細にかかれている内容の見方や意味などを
おさらいしてみましょう。

給与明細 見方 意味

まずは、給与明細にきさいされている項目について

給与明細の項目は大きく分けて4つの項目にわかれます。

就業項目:出勤した日数、有給休暇、欠勤の日数、遅刻、早退、残業時間など、
月々の勤怠に関係した項目です。

支給項目:主に基本給+手当+交通費の金額です。

控除項目:保険料、税金などの引かれる項目ですが、
会社での積立貯金や組合費などもここに入ります。

その他:年末調整、での還付や徴収、有給残日数などが書かれることがあります。

支給について。総支給額よりも大切な基本給の金額

基本給も手当も収入になるのですが、意味が大きく違います。

基本給は年齢や勤続年数が考慮されて決められます。

職能給、職務給、職種給などの名目で、
仕事の遂行能力や内容、責任、職種などに対する給料が別に加算される会社もありますが、
まとめて基本給としている会社もあります。

基本給はボーナスや退職金の計算に使われる数字です。

一方、手当は仕事と生活に対して支給されます。

超過勤務に関する時間外手当、深夜勤務手当など。

職務に関する役職手当、資格手当など。

家族や住宅に関する家族手当、住宅手当、単身赴任手当など。

手当は会社によって項目も違い、ある、なしも違います。

手当が多いにこしたことはありませんが、A社とB社で支給額が同じなら、
基本給が多く手当が少ない会社の方が、年収は多くなり、退職金も多くもらえます。

計算方法が同じならの話ですが、就職や転職で給料を比べる場合は
基本給が少なく、手当が充実していて多い会社は注意した方が良いでしょう。

控除項目について。意外と知らない??控除金額の算出基準

社会保険に関する控除には、年金保険、雇用保険、健康保険、介護保険があります。

スポンサーリンク

年金保険は、会社員なら厚生年金で、老後に支給される老齢年金、
死亡した時に遺族に支給される遺族年金、障害状態になった時に支給される障害年金
のためのもので、会社も一部を負担してくれています。

雇用保険は、政府が行っている保険制度で、労働者の生活と雇用の安定のための保険です。

失業時に失業手当の受給や就業支援を受けられます。

また、失業していなくて受給できる教育訓練給付は、失業予防を目的の事業です。

健康保険は病院での医療費負担を軽くするもので、保険料は会社と従業員で半分ずつ
負担します。

4、5、6月の3か月分の報酬の平均額で負担額が決まるので、
この3か月間の時間外手当などが少なければ、年収の割には少ない負担になりますが、
逆の場合もあり得ますね。


健康保険料の増加は、社会問題になっていますね。
健康には注意しましょうね!

介護保険料は、介護サービスを受けるための保険で、40歳から64歳までの従業員が支払います。
会社と半分ずつの負担や、保険料を出す計算式などは健康保険と同じです。

給料から引かれる税金は所得税と住民税です。

税金は所得が多ければ多いほど高くなります。

住民税は前年の所得に対して支払うので、前年の所得が無い新入社員は、
住民税を支払わなくても良く、就職2年目の6月から支払うことになります。

他に、会社独自の控除で、労働組合費や共済費が給与から天引きされる場合もあります。

また、個人での財形貯蓄や積立、生命保険料の支払いを給与からの天引きになりますが、
これも会社によって違いがあります。

税金や保険の額は、年収によって違うので、
毎年昇給しても、手取り金額があまり上がったように思えないのは
給与は上がるけど、控除額も上がり差引きされるので、
思ったよりも上がらないように思えるのだと思います。

源泉徴収と年末調整。場合によっては確定申告も必要かも??

源泉徴収=お金が戻ってくるというイメージですが、仕組みは理解していますか?

源泉徴収制度は、会社が従業員の所得税の計算をして、個人に代わって国に納めるという
会社に義務付けられた制度です。

所得税は、年収に対してかかりますが
毎月の給与は、手当の多い月、少ない月の差で変動する人がほとんどです。

そこで、毎月は予想で割り出した額より少し多めに徴収しておいて、
年収の確定した12月の給与で、多く徴収した分を返すのが、年末調整です。

もちろん、会社の予想よりも年収が多くなり、足りない分を納める場合もあります。

ちなみに、会社員の人は、会社が計算してくれますが、
自営業の人(農家も含みます)が自分で計算して納める税金を申告するのが、
2月から3月にある確定申告です。

普段、総支給額や、振込み額しか見ていないという人も、
これを機会に、一度自分の給与明細を細かく見てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク