スポンサーリンク

この記事は約 351 で読むことが出来ます

赤ちゃんがバンザイをして寝ている姿は本当に無防備で、短い手がまたかわいくて、
いとおしく、癒されますね。

大人でもバンザイをして寝るときがありますが、これは癖かと思っていたらそうでもない様です。

赤ちゃんがバンザイをして寝るのと、大人のはどう違うんでしょうか?

大人のバンザイ寝には、原因があるようですよ。

バンザイ寝 赤ちゃん 大人

なんで、赤ちゃんはみんなバンザイ寝?不思議なバンザイ寝の秘密

生まれてすぐの赤ちゃんはみんなバンザイ寝をするのです。

時々横を向いている赤ちゃんを見かけるような気もしますが、
それは自分で体を動かせられる様になってからではないでしょうか??

お母さんのおなかの中で長い間丸まっていて、広い世界へ出てきた赤ちゃんは自然と
バンザイのポーズになる様です。

力を抜いた状態が手はバンザイで、足はガニマタというところでしょうか。

生まれて来て、のびのびリラックスしてるんですね。

赤ちゃんがバンザイで寝続ける秘密

その他にも、赤ちゃんがバンザイで寝る理由は、色々あるようです。

おなかのなかにいる時は、へその緒から酸素を得ていましたが、生まれてからは
自分の肺で呼吸する為、小さな体で腹式呼吸をするのには、バンザイのポーズがいいようです。

内臓の働きにも、バンザイが良いようで、からだを解放している様ですね。

また、赤ちゃんは大人よりも体温が0.5~1度高くなっています。

これは体温調節が未熟なためですが、からだをいっぱい広げて
体温調節をしているとも言われています。

もしかしたら何かの危険信号!?大人のバンザイ寝の原因は?

大人のバンザイ寝は、赤ちゃんの頃からの名残りかな?なんて思っていましたが、違う様です。

普段、両腕を空に向かって伸ばしたら気持ちいいのは、肩や背中の筋肉が凝っているからです。

それで、肩が凝っていたり、首が疲れている時、また頭が疲れている時も、
寝ている間に自然と楽な姿勢になろうとして、腕が上がってしまうのです。

スポンサーリンク

しかし、腕を上げて寝ていると楽なのは初めだけで、
やがて腕が疲れて来て血行が悪くなってしまいます。

続けていると筋肉が硬くなり、四十肩や五十肩の原因にもなってしまいます。

両腕を上げて寝ていると気道が狭くなるので、いびきもかきやすくなります。

腕を上げて寝ていると、腕が冷えて、冷えの原因にもなります。

冷えが疲れの原因にもなるので、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

大人のバンザイ寝は、良いことはないようですね。

また、肝臓が疲れている時も腕を上げると言われています。

この場合上げる腕は肝臓のある方の右腕で、中にはうつ伏せ寝で右腕を上げる人もいるようです。

この場合は、肝臓をいたわってあげると、自然とバンザイ寝はなおるようです。

大人のバンザイ寝改善策。バンザイ寝しているなら早めに直した方がいいですよ

大人のバンザイ寝は、色々と原因がある様なので、改善した方が良いようですね。

まずは、ほとんどの原因となっているからだのコリを改善しましょう。

時間がある人は、かんたんなヨガをすればいいのですが、
時間の取れない人は、かんたんなストレッチだけでも、ずいぶん違ってきます。

お風呂に入ったあと、筋肉が緩んでいる時に、肩を回したり、伸ばしたり、
肩甲骨を寄せたり開いたり、首を回したり、左右にかたむけたりしてストレッチをします。

これなら、テレビを見ながらでもできますね。

凝りの自覚症状が無い人にもおススメです。

毎日届けるとこれだけでも凝りは解消されていきますよ。


簡単な肩こり解消のヨガの動画です。50秒頃から始まりますよ。

また、普段の生活の中でも、例えば1日中デスクワークの人は、1時間置きくらいに
机から離れて体を伸ばすなど、凝りをためない習慣をつけましょう。

疲れは、呼吸も影響するので、疲れ気味の人は深い呼吸をすることも心がけましょう。

からだを伸ばす時に横隔膜を意識して、ゆっくりと深い呼吸を繰り返してみましょう。

布団やベットは柔らかすぎると体の凝りの原因になります。

特に、腰の部分は沈み込まない方が良いので、少し硬めの寝具を選ぶ方が良いでしょう。

疲れや凝りが原因の大人のバンザイ寝は、きちんと解消して、良い睡眠をとりたいですね。

スポンサーリンク