スポンサーリンク

この記事は約 423 で読むことが出来ます

おへそのお手入れしていますか?

おへそって、さわったらいけない場所だと、子供のころから言われてきました。

でも、水着を着ると、おへそって見えちゃうし、おへそを見せるファッションも流行ってますね。

へそピアスを開けている人のおへそって、きれいですよね。

おへそのお手入れ方法や、どうしてさわったらいけないって言われてるのか、
そして、掃除をしたらいたくなるのかなど、迷信?みたいなことの真相も調べてみました。

へそ掃除 方法 手入れ

おへそ掃除をしたらおなかが痛くなるって本当?

おへそは他の皮膚に比べて薄いので、あまりしつこく掃除をすると炎症を起こして痛くなります。

おへその下は皮下脂肪も腹筋もなく、おなかの臓器を包んでいる腹膜という膜があり、
この腹膜を直接刺激しているようなことになるので、痛くなるのです。

また、もし傷つけてしまった場合、雑菌が入って化膿してしまうと、
おへその中はその後のケアがしにくいため、ジクジクして悪化しやすいので、
適度な期間を開けて、やさしく掃除をしなければいけないのです。

意外と多いと思うけど、おへそ掃除をしなかったらどうなる?

おへそのゴマと言われる黒い塊は、からだの垢やほこり、石鹸カスの塊なのです。

長い時間をかけてかたまってきたので、その中には雑菌もかなり含まれていて、不潔な状態です。

おへそや、取ったゴマが臭いという人は、この雑菌の臭いだと言えるでしょう。

さらに、ゴマを放置しておくと、大きな石のようになり、自分の手には負えず、
病院で摘出してもらう、なんてことになるかもしれません。

病院で手術の経験がある人は、思い当たるかもしれませんが、おなか廻りの手術の場合、
必ず看護師さんがおへその掃除をしてくれます。

手術の前に、雑菌のたまり場となっているおへそを清潔にしておくということなのですね。

何年もおへそ掃除をしたことが無い人は、この時に、ずいぶん時間がかかるそうです。

もちろん、へそピアスを開ける人は清潔でないと、雑菌が侵入してしまいますね。

もしもの時の為に、おへそは掃除しておいた方が良いようですね。

意外と知らない??おへその病気。患うととっても大変な目にあるらしい

お母さんのおなかの中にいるときには、とても大切な役割をしていたおへそ。

スポンサーリンク

おへその病気はあまり聞きませんが、かかったら、結構大変なものが多いようです。

さいヘルニア
出べそのことですが、多くは生後1年程度で自然にへこんできて目立たなくなることが多いです。
ただ、大きい場合や、ずっと治らない場合は手術になる場合もあります。

尿膜管遺残
おへその中がいつもジクジクとしめった状態で、少し不快なにおいを伴います。
時には炎症を起こし、おへそのかゆみ、発赤、痛みをおこしたりするさい洞。
おへそに連なって膿の溜まりを下腹部の腹壁内につくったりしりこともあります。
さい部からいつも膀胱の尿が漏れるさい尿瘻瘻。
専門的な名前で難しそうな病気ですが、いずれも根治の為には手術が必要になります。

おへそについて不安がある時は、迷わず病院で相談するのが良いですね。

正しいおへそのお手入れ方法。ヘソ美人の道のり

ほおっておいたら、雑菌のたまり場になってしまうおへそ。

おへその端っこの見える部分は、入浴の時に、石鹸を含んだタオルを指にかぶせて、
それをそっとおへそのふちにあてて、2~3回くるっと回せば、
外から見える範囲は、これだけで充分きれいになります。

端っこだけなので、週に2回位していれば、普段のお手入れはこれで充分です。

ただし、長年掃除をしていなかったという人は、これだけではきれいになりませんし、
無理にきれいにしようとしてもいけません。

オリーブオイル、又はベビーオイルをおへそにちょっと垂らして数分から数十分置きます。

ふやけてきてから、ガーゼや綿棒(できるだけ大きくて柔らかいもの)にもオイルを付けて、
おへその中をそっと拭い取ります。

この時くれぐれも奥へ突っ込みすぎないように注意しましょう。

1回で全部きれいにしようとは思わず、入浴時の周囲のふき取りと組み合わせて、
気長にするのが良いですね。

オイルを使ったお手入れは、1か月2回位が良いようです。


動画でおさらいをして下さいね。
1分くらいなのですぐに見られますよ。

また、市販のお掃除セットもいくつかありますが、これらは、
オイルかクリームと、おへその形状にそった、綿棒の様なスティックがセットになっています。

要領は、オリーブオイルを使う時と同じです。

意外と掃除が行き届いていないおへそ。

これを機会に定期的にお掃除してみてくださいね。

ただし、お母さんがお子さんのおへその掃除をする時は、
力加減が分からず、強く押しすぎると大変なので、お風呂の時の、おへそまわりだけを
おススメします。

普段から気を付けていると、ゴマはできにくい様です。

スポンサーリンク