スポンサーリンク

    この記事は約 418 で読むことが出来ます

    白いスニーカーは履きたいけど、汚れがすぐに付いて落ちなさそうで履けない。
    または、白いスニーカーが好きだけど面倒だから汚れたまま履いている。

    なんていう人は多いのではないでしょうか??

    まぁ普通の泥とかの汚れならまだしも、特に気になるのが黄ばみ…

    白いスニーカーでは経験なくても、学校で履く上靴の黄ばみと言えば思い当たる人も多いのではないでしょうか?

    黄ばみの原因から、落とし方、普段のお手入れ方法まで、まとめて調べてみました。

    白いスニーカー 手入れ 黄ばみ

    白いスニーカー普段のお手入れ方法について

    スニーカーをこまめに手入れしている人って案外少ないですよね??
    白いスニーカーだけでなく、スニーカー全般で役立つ正しいお手入れをまずは、まとめてました

    1.スニーカー付いている紐をはずして、ヒモと靴を別々に洗いましょう。
    泥汚れなどはブラシを使って丁寧に落としておくのがコツです。

    2.スニーカーに染みてしまった汚れを落ちやすくするために漬け置きします。
    バケツに40~45度くらいのお湯を準備しましょう。

    3.使う洗剤はシューズ専用の洗剤。手元に用意できなければ洗濯用洗剤
    (スプーンで入れるヤツでも固形でもOK)
    手頃かつ効果を実感できるのは洗濯用固形石鹸がおススメ

    4.お湯に浸しておいたスニーカーに直接固形石鹸をつけてシューズ洗い用のブラシでゴシゴシと洗います。ブラシは大小大きさの違うものがあれば便利ですが、小さい方は使い古した歯ブラシでも代用できます。

    5.靴の側面 ⇒ 甲 ⇒ かかと ⇒ ミッドソール ⇒ 内側の順に洗い
    汚れが落ちたらお湯で流します。
    泡をたくさんブクブクと立てながら丁寧に洗うのがキレイな仕上がりのコツ

    6.洗剤の残りは黄ばみの大きな原因になりますので、濯ぎは充分にしましょうね。
    バケツのお湯を何回か替えながら、ブラシでこすりながら濯ぎます。

    7.キレイに濯ぎ終えたら、水分をしっかり切る為にタオルなどにくるんで脱水機に数十秒かけるとしっかり水気も切れて靴も洗濯機も傷みません。

    8.あとは風通しのよい「日陰」に、形を整えて干します。この時かかとを下にして干します。

    スポンサーリンク

    専用のハンガーがあると便利ですが基本的には用意していないはず。
    そんな時は、針金ハンガーの両端を曲げてスニーカーを曲げた部分に差し込んで干すとあっという間に専用ハンガーに!?
    白いスニーカーは特に汚れが目立つので、こまめに洗うといつも気持ちよく履けます。

    といううか、白いスニーカーはどうして黄ばむのか?

    白いスニーカーの黄ばみは、すすぎ残した洗剤が原因のほとんどです。

    洗った後洗剤が残っていると、干している時に上から乾いてきて水分が下に落ちてくる為
    ゴムの際や生地の厚い部分に洗剤成分が凝縮されます。

    凝縮した洗剤成分は、乾かしている間に紫外線などに反応して黄ばんでしまいます。

    黄ばみを防ぐためには、とにかくゴシゴシと良く濯ぎ
    生地の繊維の間に洗剤を残さないことです。
    脱水も足りなければ、それだけ水分が靴に残っているということなので、黄ばみやすいですね。

    濯ぎと脱水を充分にすれば、黄ばみは防げる様です。

    大事に履いていたのに黄ばんでしまった…憎い黄ばみの落とし方

    黄ばんでしまった時には、衣料用の酵素系漂白剤(色柄物用)か、お酢を使って落とします。

    どちらの場合も、初めにぬるま湯にスニーカーを浸けておいて、黄ばんだ部分をまず、歯ブラシなどの細かいブラシでこすります。
    そのあと、酵素系漂白剤を使う場合は、書いてある浸け置き洗いの分量通りの液に浸けます。
    お酢を使う場合は、バケツ1杯のお湯に対してお酢200ml位です。

    どちらの場合も、40度くらいのお湯がいいでしょう。
    そのまま1~2時間浸けておき、良く濯ぎます。

    濯ぐところからあとは、普段のお手入れと同様に良く濯いで良く脱水して乾かします。

    お酢を使った場合、濯いでもまだツンとした匂いが残っているのですが乾くと匂いもなくなるので、安心して下さいね。

    ゴムの部分も黄ばんでしまっている…この部分の黄ばみはどうする?

    布の部分は洗剤やお酢で黄ばみが取れますが、ゴムの部分の黄ばみや汚れは、ブラシでゴシゴシこすってもなかなか落ちませんね。

    このゴムの部分の汚れには、台所で使うメラミンスポンジがおススメです。


    スニーカーショップの人もメラミンスポンジを使っています。
    平らな部分はもちろん表面がでこぼこしている部分も
    何度かこすっているときれいになります。
    ゴムの部分も傷まずきれいになりますがスポンジのかすが散乱するので
    新聞紙などを広げた上でこするのをおススメします。

    白いスニーカーが真っ白になるのって、気持ちいいですね。
    軽い汚れなら、ぬるま湯だけで洗っても落ちる場合もあります。

    一番大切なのは、白いスニーカーはこまめに洗う!!
    これが一番です!!

    スポンサーリンク