スポンサーリンク

この記事は約 511 で読むことが出来ます

大空に広がる満天の星を見てみたいと思っても、街中で生活をしているとなかなか機会が無いのではないでしょうか?
それに、きれいな星空を見る為には気候の条件も色々とあるようですしね。

なんか星を眺めたいなぁ~なんて思うあなたのために
関東地方で星空が見えるおススメスポット。天体観測に役立つ気候条件なども調べてみました!!

関東 星空 おススメ

夜空に浮かぶお星様…星空がキレイに見える条件は?

きれいな星空を楽しむ条件として1番に上げられるのは

街明かりの影響が無いこと

空気が澄んでいることです。

この2つの条件が満たされる場所としては、やはり高原や山の上があげられます。

空気が澄んでいるかどうかの見分け方を紹介しましょう。

空は青ければOK
晴れていても、水色に見えている青空は、空気中にホコリが舞っていたり、薄雲がかかっているためNG

遠くの景色がはっきり見えればOK
遠くの景色がはっきり見えると言うことは、空気中に舞っているホコリが少なく、空気が澄んでいます。

雨上がりならOK
雨が空中に舞ったホコリを洗い流してくれるので、澄んだ空気となります。

飛行機雲が見えていたらNG
飛行機雲ができるということは、空気が湿っていることを意味します。空気が湿っていると言うことは、雲が発生しやすい条件なのでNGですね。

逆に、綺麗な星空を楽しむために、障害になるものは月明かりです。
特に満月前後の月明かりは、とても明るく、街明かりのように星の光をかき消してしまいます。
街明かりの影響は、私たちがその場所から離れることで避けることができますが月明かりだけは、どうしようもありません。

星空を楽しむには邪魔者にされがちな月ですが満月の前後は、せっかくだから月光浴も楽しんでくださいね。


長野県湯の丸高原の星空です。2分ほどの間、癒されて下さい。

電車で行ける星空観測のおススメスポット

JR小海線の、野辺山駅・信濃川上駅・佐久広瀬駅なら、駅から少し歩けば暗く、
条件の良い日は1年中天の川が見えます。

星空を見てから、東京方面への終電でも間に合うので、日帰りも可能です。
(帰宅する最寄駅によっては乗り継ぎがあります。お出かけの際には、良く確認を!!)

残念ながら、日帰りで公共交通機関の利用で満天の星空が堪能できる場所はこのあたりです。

スポンサーリンク

かなり強行スケジュールになってしまいますが、うまくスケジュールを組んで頂いて、
参考になればいいかなと思い紹介しました。

もう少し、街灯りが混ざってもいいのでお手軽に星空を楽しみたいということであれば、
東京都周辺で、広い公園などになりますね。

世田谷区にある砧公園なら、空気の澄んだ月の出ない夜なら星を見ることもできます。

新木場駅近くにある夢の島公園は、ゴミの埋め立て処理場の跡地に整備された
とても広大な公園なので、ここも条件の合う日なら星を見ることもできるでしょう。

高尾山では、夏にビアガーデンも開かれています。
都心の夜景も見られるので、星空の魅力はそれほど期待できませんが、
お手軽に楽しむことを目的なら、良いかもしれませんね。

車でドライブがてらに星空を見に行くならココ

車で移動なら電車やバスなど公共交通よりも行ける範囲が広がりますね。

東京都と山梨県にまたがる奥多摩湖、
特に奥多摩周遊道路の月夜見第二駐車場はなかなかの評判です。

栃木県の那須高原も、素敵な星空に出会えます。
ロープウエイに乗って眺める星空も良いですね。

茨城県常陸太田市にある里美牧場の第3駐車場も、有名な星空スポットです。

里美カントリー牧場の中にある、「プラトーさとみ」という施設には天文台もあり、
天体観測が行われているほどなので、本気で星空観賞も楽しみたい方には適した場所ですね。

埼玉県にある堂平山(どうだいらさん)は、かつて国立天文台の観測所もあったという、
よく知られた天体観測スポットです。

今では堂平天文台「星と緑の創造センター」としてリニューアルしています。

堂平山では、特に剣が峰駐車場からの夜景が素晴らしいと評判になっています。

渡良瀬遊水地は、群馬・栃木・茨城・埼玉の4県にまたがり
山手線の内側の面積の半分の大きさを持つ巨大な遊水地です。

トライアスロンや熱気球で有名な場所ですが、夜の星空観測にももってこいの場所です。

泊りがけの星空観測。関東方面で1泊するならこの辺り

1泊できるスケジュールが組めるのなら、少し足を延ばすこともできますね。

秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設、
山のふるさと村はファミリーにおススメです。

山のふるさと村公式HP ⇒ http://www.yamafuru.com/

奥多摩の自然に触れながら、散策や川遊びなどの自然体験や、クラフトセンターで木工教室、
石細工教室、陶芸教室などクラフト体験、キャンプ場やケビンサイトで宿泊もできます。

大人にはもちろん、子供にも素敵な思い出になりますね。

群馬県老神(おいがみ)温泉の観山荘では、老神温泉の星空を眺めながら、
目の前に広がる星や季節の星座などを解説してもらえるとのことです。

温泉と星空の組み合わせなんて最高ですね。

観山荘公式HP ⇒ http://www.oigami.co.jp/

東洋のナイアガラと称される吹割の滝から車で約10分の、
尾瀬の山々に囲まれた、落ち着いた雰囲気の場所です。

伊豆だと海と星空が一緒に見られたり、箱根なら富士山と星空が見えたりと、
場所によっていろいろな楽しみ方がありますね。

一泊するなら、昼間の観光も楽しみながら、夜は星空を楽しめます。

星空をメインにしたい時は、ある程度宿の候補を決めておき、星空観測の条件の良い時を狙って
当日予約なんていうことをしてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク