スポンサーリンク

この記事は約 43 で読むことが出来ます

紫外線アレルギーって聞いた事ありますか??
アトピーや花粉症や、金属など、身の回りにはアレルギーがいっぱいあるのに、紫外線でまでアレルギーが起きるなんて!

心配になる気持ちは良く分かりますが、原因や症状を良く理解して、対策を立てれば不安はなくなるのでは?

自分が紫外線アレルギーかな?と思っている人も、そうでない人も、
これから来る夏の前に、知っていて損はないですよ。

紫外線アレルギー

紫外線アレルギーの原因ってなに??具体的な症状について

紫外線アレルギーとは、簡単に言えば紫外線を浴びた部分にアレルギー症状が出るというものです。
症状は、肌に湿疹やかゆみが出たり、赤く腫れあがったりしますが、ひどくなると水ぶくれが出来たり、じんましんになったり、吐き気、頭痛、発熱を伴うこともあります。
また、目が充血したり、涙が出たり、ごろごろとした異物感がある、という症状が出る場合もあります。

紫外線は今までもずっと浴びているものですが、紫外線に対する抗体の対応量を超えてしまった時から発症するようになるとも言われています。
花粉症の様に発症するとなかなか治らないものの様です。

他に原因として、日焼け止めや化粧品に含まれる紫外線吸収剤が肌に合わなかったり、シップをはがした痕や塗った薬が紫外線と反応してアレルギー症状が出ます。
また、内因性の原因も考えられ、アレルギー体質、先天性疾患、免疫システムの異常
代謝異常、ビタミンミネラル不足などが原因とされます。

自分が紫外線アレルギーかどうかを調べる手段。検査方法について

紫外線アレルギーの検査は、皮膚科でできます。
紫外線アレルギーによると思われる症状が出ていたら、早めに皮膚科で診てもらえばいいのですが、症状が治まっていても検査は可能です。

基本的な検査方法は、光線過敏症検査です。
検査内容は、基本的にはUVBやUVAの光線を背中などに直接照射し皮膚の反応をみます。
この検査異常がみられたら、血液検査やパッチテストなどを行います。

もしかして紫外線アレルギーかも??と思ったら、やるべき紫外線対策

紫外線対策としては、日焼け止めを塗る、長袖やアームカバーで、紫外線を肌に直接当てないようにする、サングラス、日傘、帽子などを使いましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めは、紫外線吸収剤配合のものは、アレルギーの原因となるので、
紫外線散乱剤配合のものを選ぶようにして下さい。

子供に使う日焼け止めは、アレルギー症状が出ていなくても、きちんと選んであげて下さいね。
また、上着やアームカバー、日傘、帽子はUV加工のものを選びましょう。

症状が重い人は、さらに家にいる時も紫外線対策が必要です。

UVカットのカーテンを使い、常に閉めておくとか、窓に紫外線カットフイルムを張るなどして対策をして下さいね。
また、レモン、オレンジ、パセリ、キュウリ、グレープフルーツなどの中に含まれるソラレンという成分が、紫外線を吸収しやすい「光毒性」を持っています。
これらを食べた後は2時間は外出しない方が良いので、夜に食べる様にしたらいいですね。

こんな塗り方はNGだった…正しい日焼け止めの使い方

日焼け止めの塗り方も、肌にやさしい塗り方があります。

日焼け止めを肌にすり込むことは、肌に負担をかけることになるので、少量ずつ手に取ってから
丁寧にやさしく引き伸ばし、肌を覆う様に使いましょう。


やさしくトントンと塗っていますね。こすり付けてはいけないんですね。

日焼け止めの効果は2~3時間しかありません。
歩くだけでも汗が出る季節だと、効果時間はもっと短くなります。
こまめに塗りなおすことが必要です。

女性の場合、顔の日焼け止めの塗り直しは大変なように思いますが、メイクの上からでいいので、日焼け止めを手に取って良く伸ばし、肌に置く様に重ねて塗って行けばいいですよ。

日焼け止め使用後のケアを怠っても、肌には負担がかかるので、日焼け止めを塗るのと同じくらい落とし方も重要です。

顔はクレンジングで落としますが、特に皮膚の薄い部分を強くこすると色素の沈着などを起こし黒ずみの原因となるので、良く落ちるクレンジングや専用のものを使い、こすらずやさしく洗いましょう。
体はボディソープを泡立てて、丁寧に洗い落としましょう。

まとめ

紫外線アレルギーの症状は、熱中症や普通の日焼けとも似ていてわかりにくい場合が多いのですが、皮膚のトラブルは早めに病院で見てもらいましょう。
紫外線は4月頃から多くなるので、春からのケアが必要ですね。
原因や対策を知っていれば、大人も子供も、快適に春から夏を過ごせますよね。

スポンサーリンク