スポンサーリンク

この記事は約 418 で読むことが出来ます

ココナッツオイル

テレビで紹介されると一気に人気が出て翌日食料品売り場から商品が無くなるなんていう現象が度々ありますね。

ココナッツオイルも、テレビで話題になり有名モデルさんもお気に入りでずっと使っているなんて紹介されると、一気にブームになりました。

ただ、ココナッツオイルは、普段からお店にたくさん用意されている商品ではないので、
「入荷しました!!」っていうポップの下に並んでいる光景を良く目にしました。

ココナッツオイルの何がそんなに効果的なのか、どんな風に使うのか、調べてみました。

ココナッツオイルが良い!!ってよく聞くけどココナッツオイルの効果って?

ココナッツオイルの効果はたくさん挙げられています。

便秘解消、ダイエット、コレステロール値を下げる、糖尿病の予防・改善、免疫力を高める、代謝のアップ、心臓血管疾患(心筋梗塞や狭心症)のリスクを下げる、美肌・美白効果、抗炎症・抗酸化作用、甲状腺機能の低下の改善などなど
こんなにたくさんの効果って本当??って思うほどですね。

ココナッツオイルに含まれる成分は何があるから、色々な効果があるのか気になりますね。

ココナッツオイルの何がそんなにいいの?

ココナッツオイルは、飽和脂肪酸に分類されますが
その約70%が中鎖脂肪酸か短鎖脂肪酸で、30%が長鎖脂肪酸です。

飽和脂肪酸は体に悪いと言われているのは長鎖脂肪酸が多い場合です。

含まれるそれぞれの成分特徴を調べてみました。

短鎖脂肪酸の特徴

・カルシウム、鉄分、マグネシウムの吸収力を高める
・血液脳関門の透過性を高めてエネルギー代謝を促進させる
・ケトン体を作り、昂ぶった交感神経を抑制する
・エネルギーの代謝量を増加させる

中鎖脂肪酸の特徴

・燃焼効果をサポートして体脂肪、内臓脂肪、体重、ウエストサイズを減らす
・消化機能に負担をかけないので、術後や未熟児向けのエネルギー補給として活用できる
・肥満、コレステロール値の上昇、心筋梗塞、動脈硬化などのリスクを軽減する
・中鎖脂肪酸は抗酸化力が強く、アンチエイジングに期待できる

長鎖脂肪酸の特徴
・過剰摂取分は体内に蓄積され、必要に応じて分解される
・ストック的役割が大きいので、摂りすぎるとコレステロール値の上昇や動脈硬化を招く

スポンサーリンク

この特徴を見ると、ココナッツオイルが体の為にバランスの良いオイルだということがわかりますね。

知らないと逆に逆効果??体に良くないココナッツオイルもある?

ココナッツオイルに水素を添加する加工(水素化)をすると、常温で液体である脂肪を固体にする事が出来て、変質や劣化を防ぎ、品質保持期限を長くする事ができます。

水素化されたココナッツオイルは「ヤシ硬化油」と呼ばれていて、
アイスクリームの口溶けを良くする為に配合されていたり
ファーストフード、マーガリンに使われています。

水素化することにより、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸が
長鎖脂肪酸に変化し体内にたまりやすくなります。

水素化されたココナッツオイルは加工用に使われるため、単品での販売はされていませんが、
材料の中に「ヤシ硬化油」と書かれているのを見て、ココナッツオイルのことだと思って摂りすぎるとかえって逆効果になるので注意してください。

また、水素化されていないココナッツオイルにも精製されたものとしていないものがあります。

精製過程でトランス脂肪酸が加えられている場合があり、体に良いラウリン酸が除去されてしまいます。

選ぶのは、未精製のエクストラヴァージンココナッツオイルにしましょう。

さらに、オーガニック(有機栽培)のもので、非加熱または低温圧搾のものが良いですね。

輸入商品なので、JAS認定で添加物のないものを選んでくださいね。

ココナッツオイルでのダイエット、美容方法

ココナッツオイルを1日大さじ3~4杯を目安に食事や飲み物にまぜて摂取します。

便秘解消効果と、代謝を促進する効果でモデルさん達は効果を実感しているようです。

ただし、体が慣れていないと体調を崩したり、下痢をしたりするかもしれないので、
少量から少しずつ量を増やしていくのをオススメします。

甘い香りがあるので食事よりは飲み物に入れて香りを楽しむ方が良いかもしれません。


ココナッツオイルはテレビでも話題になっていますね。

美容効果の目的で使う場合は、顔、体、紙や頭皮にまで塗ることができます。
抗酸化作用や、ビタミンEによる効果が期待されているのですね。
またココナッツオイルの原産国では、虫刺されや擦り傷、切り傷に塗る薬としても使われています。

ココナッツオイルの効果のまとめ

食べても塗ってもいいココナッツオイルは万能ですね。

サプリもあるようですが、ブームになるとたくさんの商品が出回るので、ちゃんと見極めて選びたいですね。

スポンサーリンク