スポンサーリンク

この記事は約 426 で読むことが出来ます

社会人 看護師 勉強

先日高校の同窓会で、外国語大学にいった人が、看護師になっていて驚きました。

30歳を過ぎてから学校に通い直し、看護師になったそうです。

社会人から看護師になる人も多いと聞きました。

かなり勉強したそうですが、どうすれば社会人から看護師になれるのか、調べてみました。

看護師になる為に必要な資格と学校

看護師の免許を得るには、看護師国家試験に合格しなければなりません。

看護師国家試験を受験するのには条件(資格)があり、それは看護師を養成する為の学校で教育を受けるということです。

教育機関は3種類あり、看護専門学校(3年)、看護系短大(3年)、看護系大学(4年)です。

また、看護専門学校の中には、医療機関で働きながら学ぶ、定時制4年制課程を設けている学校もあります。

これらの学校はもちろん入学試験があり、高校卒業程度の学力が必要です。


看護専門学校のオープンキャンパスに、社会人もたくさん参加されているそうです。

もう一つ、准看護師になるという方法もあります。

准看護師になるには、2年間准看護学校で勉強した後、試験を受けて合格すれば免許がもらえます。

そして、准看護師資格を取得後、准看護師資格を持つ人が進学できる2年課程(夜間なら3年)の
看護専門学校に通えば、看護師国家試験の受験資格が得られます。

又は、准看護師として10年間勤務したのち。通信制の学校に通うという方法もあります。
(主に放送大学との連携やDVDによる授業)

准看護学校の受験資格は中学校卒業以上なので、入試も看護学校に比べればやさしいと思います。

看護師と准看護師って具体的に何が違うの??就職に有利、仕事への処遇は??

看護師免許は、厚生労働大臣が発行する国家資格ですが、准看護師の免許は都道府県知事が発行します。

実際の業務内容は看護師も准看護師も変わりませんが、
法律では准看護師は、医師、看護師の指示の下医療行為を行う となっている為、
上下関係が存在し、お給料も、看護師より准看護師の方が安くなります。

スポンサーリンク

また、個人の医院やクリニックなどでは経営上、准看護師の採用も多い様ですが、
救急時の対応や高度な医療技術が必要とされる都市部の総合病院や大学病院などでは准看護師の採用は非常に限られており、就職先でも差があるようです。

社会人が看護師になるには、どうするのが近道?

一度社会に出てから学校に入りなおすのに受験をするということは、とても大変なことです。

一部の看護学校には、社会人入試という制度があり、面接と小論文が主な試験という学校もあります。

ただし、倍率はとても高く、非常に狭き門です。

社会人から看護師になるということなので、相当な理由と覚悟があるということを面接と小論文で訴えなければなりません。

現役の高校生と競い合って看護学校を受験するよりも、中学校卒業程度の試験内容の准看護学校の受験の方がしやすいので、
社会人から看護師を目指す人は、准看護学校に通いその後看護学校に2年間通って看護師になる人が多いようです。

准看護学校の系列で看護学校があれば、進学しやすいので、学校を選ぶ時は良く調べて選んでください。

また、その時の看護学校の入学試験は、准看護学校で学んだ内容なので、不合格になる人は少ないようです。

学費が心配な人は、一旦准看護士として就職して数年働き、それから看護学校に通う人もいるようです。

准看護師は廃止されるって聞いたことがあるけれど本当?

1945年の終戦後、増える病院に対して看護師の数が追いつかず、高校を卒業しなくても取れる資格として、1951年に准看護師が誕生しました。

その後、時が経過して、レベルの高い看護師の養成を望む看護協会(准看護師廃止派)と、
幅広い働き手を必要とする医師会(准看護師必要派)の間で「准看護師廃止に関する問題」が生まれました。

そして2012年に神奈川県は、准看護師の養成を停止すると発表しました。

准看護士は、都道府県の知事が任命する為、県単位で決定ができます。

ただ、養成を停止するということなので、今いる准看護師の仕事を奪うということではないのです。

関係者の間では、医師会の反対や、看護師不足の現状から、准看護師が廃止されることはないだろうと言われています。

もし今後、准看護学校が減っていく傾向にあるとしたら(まだ大丈夫だと思いますが)、
早めに准看護師の資格を取っておいた方が良いかもしれません。

社会人だけど看護師になりたい!!どんな資格と勉強をすればいい??のまとめ

大学に新たに看護系の学部が新設されたり、海外から看護師を受け入れようとしたりしている現状は、看護師の需要が多いということだと思います。

ただし、日曜に休みや、夜勤が少ないなど人気の条件の職場は空きが無く、人手不足の職場との差も大きいようです。

社会人から看護師になるのは一大決心ですが、一生の資格になりますので、ぜひがんばってくださいね。

スポンサーリンク