スポンサーリンク

この記事は約 133 で読むことが出来ます

ちょっと検索ランキングできになる『オー・ヘンリー 千ドル』というものがあったのでそれを調べてネタにします
まずは、『千ドルのつかいみち』について
これはオーヘンリーが執筆するショートストーリーセレクションの1つの書籍名
『千ドルのつかいみち』のあらすじは...

スポンサーリンク

資産家の叔父から遺産として千ドルを相続した主人公ジリアン。ただの相続ではなく、ジリアンには『1000ドルの使い道を報告する』という手紙が一緒に渡される。
千ドルの使い道を身近な人たちに相談してみるが、ジリアン的に決めかねてた。そんな中、資産家の伯父の後見人としていたヘイドンには指輪と10ドルしか渡さなかった。というのを思い出しジリアンは千ドルの使い道を決意。
そう。ヘイドンに千ドルを渡したそうです。ジリアンはヘイドンに惚れていたようで、意気揚々と千ドルのつかいみちを描いた報告書をもって弁護士のもとへ
弁護士のもとで伯父の遺言をみると、ジリアンに渡された千ドルが非利己的でなければ5万ドル遺贈
そうでなければ後見人ヘイドンに渡されることになっていた。
それを知ったジリアンは、報告書を読み上げる前に1000ドルを競馬で使い切ってしまった。というウソをついてしまう。という内容です。

愛する人の為に行動するこの物語、ページ数はさほど多くないですが心が晴れやかになります。
ご興味がある方はぜひ

千ドルのつかいみちのあらすじはこのへんで終わって、オー・ヘンリーについて簡単に書いて終わります。
オー・ヘンリー(O. Henry, 本名:William Sydney Porter)
生1862年9月11日 – 没1910年6月5日 wikipediaより

生涯で400近い小説を出版。映画化されているものも多く短編小説家としての知名度は極めて高い

スポンサーリンク