スポンサーリンク

この記事は約 47 で読むことが出来ます

高血圧は、あまり自覚症状がありません。

ですから、もしあなたが健康診断で高血圧を指摘されても
放置してしまっているという事も少なくないのではないでしょうか??

もし、思い当たる節があるならこの記事をきっかけに
最寄りの病院で受診し治療を始めましょう!!

高血圧は脳出血による突然死にもつながる恐ろしい体からのサインなのです。

血圧 高い 数値

高血圧の基準数値。下の血圧が低いと動脈硬化の可能性

日本高血圧学会による「高血圧ガイドライン2014」によると病院などで医師や看護師さんに

測定してもらったときが140/90mmHg以上

自分で測定したときが135/85mmHg以上だと高血圧になります。

病院で測定すると緊張して高めになりがちですが
深呼吸をして落ちついて測定してもらうといいですよ。

上の血圧は高いけど下の血圧は大丈夫という方も安心はできません。

高齢者になると上の血圧はそのままで下の血圧が下がってきます。

そのような症状を収縮期高血圧症というのですが
動脈硬化が進むほど、上下の血圧の差が大きくなります。

下の血圧が低いのに上は高いという人は動脈硬化が進行している可能性も...

動脈の壁が硬いと心臓が頑張って血を送らなければならないので、
心臓の筋肉が肥大して心筋梗塞を起こしやすくなります。

また、脳の血の流れが悪くなり脳卒中の危険性が高くなるのです。

こんな自覚症状があったら高血圧が悪化しているかも??

高血圧はほとんど自覚症状がありません。

しかし、頭痛や目の前がチカチカするようなときは要注意です。

他にも、肩こりや耳鳴り、めまいやしびれなどを感じることもあります。

忘れてはいけないことは、これらが高血圧の兆候ではなくて
高血圧によってこれらの症状が起こっているのだということです。

つまり、高血圧がかなり悪化していると考えなければならない。という事。

症状がさらに悪化した結果として心疾患と脳の血管障害が引き起こされます。

それも、突然起こることがほとんどです。

是非、自宅に一台血圧測定器を用意しおかしいな??
と思ったら、すぐに測ってみましょう。

スポンサーリンク

最初に示した基準数値に該当すれば高血圧の疑いが高まります。
すぐに受診し高血圧治療を開始しましょう。

高血圧そのものが怖いのではなく
高血圧が引き起こしているこれらの症状や合併症が最悪の結果を招きます。

高血圧が気になる人や家族に高血圧の人がいるのであれば
定期的に血圧を測定する習慣をつけたほうが健康でいられるかもしれません。

高血圧の予防、改善策はやはり生活習慣。策のメインは食事

高血圧の予防や改善には、食事に気を付けることが大切です。

特に塩分の取りすぎには要注意!!

でも、塩味のきかないお料理って、なんとなく味気ないものですね。

そこで一工夫しましょう。

塩分が少なくても出汁をきかせたりスパイス生姜ニンニク大葉などの香りの強いもので味をプラスしたりするとおいしく食べられます。

また、ハムやウインナーなどの加工食品には塩分がたっぷり。

できるだけ控えるといいですね。

逆に食べると高血圧に良い食べ物はカリウムを含む食品です。

カリウムは体内の余分な塩分を排出してくれる働きがあります。

りんごバナナにはカリウムが多く含まれていますので、デザートにおすすめです。

血圧を下げるためには運動が効果的ですが、特に勧めたいのは有酸素運動

ウォーキングやジョギング、サイクリングなどいかがでしょうか。

無理なく続けられる範囲で、一日に30~40分くらい。
可能であれば週に3回くらいは有酸素運動をしたいところです。

同じ運動でも息を止めて力をこめるような筋トレは要注意です。

急に血圧があがり血管に負担がかかって危険です。

血圧が高いと言われる数値は??自覚症状と予防策のまとめ

もし、高血圧によって突然命が終わるとしたら...

仮に一命をとりとめたとしても重篤な後遺症が残ったら...

なんて考えるだけでも恐ろしいです。

高血圧による突然死を防ぐために最も大事なのは

日ごろから血圧のことを気にした生活を送ることです。

高血圧は遺伝にも関係があると言われていますが、家族が高血圧の人はもちろん、
そうでない人も、塩分控えめ、適度な運動を心がけましょう。

これらに気を付けるだけでも、高血圧はかなり改善できます。

もし、健康診断で高血圧と言われた場合には、そのままにせずに必ず病院で相談しましょう。

血圧は内服薬で調整可能です。

きちんと薬を飲めば突然死のリスクをさげることができます!!

スポンサーリンク