スポンサーリンク

この記事は約 310 で読むことが出来ます

写真や動画の容量が増えてきたので

クウドストレージサービスを使ってみたいけど

たくさんありすぎて検討するのが面倒...

今まで利用した事のないところにデータを預けるのはちょっと心配...

という方もいらっしゃると思います。

できれば今まで使った事のあるところが提供しているサービスの方が安心ですよね。

そこで、Google・Yahoo・Amazon・Apple・Microsoft社の提供する

無料ではじめられる個人向けクラウドストレージサービスの容量比較をしてみました。

おそらくどれか一社はサービスを利用した事がある方が多いと思います。

クラウド 容量 比較

無料クラウドサービス提供5社の容量比較

まずは無料で使える容量を比較してみます。

サービス名 運営会社 容量
GoogleDrive Google 15GB
※Gmail、Googleフォトと共通
amazonclouddrive Amazon 5GB
※プライム会員は無制限のフォトストレージを追加料金不要で使用可能。
Yahoo!ボックス Yahoo 5GB
※プレミアム会員は50GBまで無料
Yahoo!BB・ワイモバイル・ソフトバンクモバイル加入者専用プランあり。
OneDrive Microsoft 5GB
iCloud Apple 5GB

ご覧のとおり無料で使える容量はGoogleDriveが15GBと一番大きいです。

スポンサーリンク

Gmail、Googleフォトとあわせて15GBなのでフルで使えるわけではありませんが

とりあえずはじめてみる分には十分なサイズでしょう。

また容量が足りなくなってしまったという場合

各社とも有料で容量を増やす事が出来ます。

こちらも1TB未満ではGoogleDriveが頭一つ出ている状態ですが

1TBになるとGoogleDrive・OnDrive・iCloudはさほど料金が変わりません。

自分はどれくらいの容量があれば足りる??必要サイズの算出

たとえば5GBというと

2MBの写真が約2500枚

500KBのエクセルファイルなら約10000個

保存できるサイズです。

一日100枚写真を撮る人には物足りないでしょうが

月に20枚くらいという人なら十分と感じる人も多いでしょう。

容量を選ぶ際には

「何を」「どれくらい」保存したいのかがポイントです。

またクラウドストレージサービスでは

ハードウェアの保守は企業が行ってくれますが

データの整理をするのは利用者です。

管理できる容量はどれくらいかというのも一つのポイントになると思います。

無料クラウドサービスのまとめ

無料の範囲で使用できる容量は、5社ともそこまで大きな差がない事がわかります。

そんなに大容量は必要ないという方は、

いくつか使ってみて使い勝手のよいものを選んでみてはいかがでしょうか??

写真はicloudに、Excelやwordの資料はOneDriveにと

分けて使ってみるのも良いかもしれません。

ただYahoo!プレミアム会員Yahoo!BBワイモバイルソフトバンクモバイル加入者

amazonプライム会員の場合は有料サービス並みの容量が使えますし

Microsoft社のoffice365を使いたい場合は

ライセンスと1TBのオンラインストレージサービスと合わせて月額1,274円なので

あえて他のものを選ぶ必要はないでしょう。

スポンサーリンク