スポンサーリンク

この記事は約 544 で読むことが出来ます

前回に引き続き、歯の移植についての体験記です

前回の記事 『歯の移植体験記Part.1 親知らず移植に至った経緯とメリット』では

移植をすることによってのメリット、デメリット。
私が移植をすることになった経緯について記しました。

今回は、皆さんが気になると思われる

移植に必要な費用・金額・手術代。それと、移植後の治療期間。
個人的に一番気になった入院保険などの医療保険についてお知らせします。

前回の体験記Part.1に引き続き、歯牙移植を検討されている方の参考になれば幸いです♪

歯の移植 費用

まずは、移植に必要な費用と手術代について

かかりつけの歯医者から紹介状をもらい、
北海道大学病院(道民は北大病院と言います)口腔外科へ

ちなみにかかりつけの歯医者さんは、5年くらい前に新設された歯医者さんで土日祝日もやっている若い開業医さんの歯科です。

移植の話をされた時におっしゃっていたんですが、その担当医(医院長)は北大病院口腔外科の出身だそうで紹介する移植術を専門にしている先生の元で育ったそうです

移植に伴う費用は、大体15,000円~20,000円くらいとのこと。

とにかく、歯磨きをしっかりやり続けてキレイな歯で北大病院へ行ってください!!
と何度も念を押されました...

きっと怖い先生だったんでしょうね。

※紹介状がなくても、北大病院で移植をしたいと言えばできる模様。ただ初診料が発生

そしてとっても混んでいるから早めの予約をした方がいいですよ。とのアドバイスをもらい
紹介状には電話連絡可能時間が9:00~17:00とあったので、
電話番号を携帯の電話帳へ登録し仕事中に連絡。

誤算でした...

紹介状に書いてある、病院名や症状等を伝えねばならないことが電話で判明。

翌日にリトライするも、紹介をされた先生が忙しすぎて連絡が取れない...

直通の電話番号を教えてもらい、後日指定時間に3度目の挑戦ですwww

初診と検査。実際の手術時間、術後の痛みなど

初めて北大病院に電話をかけてから10日後、ようやく初診に行けました。

15:00に予約をしていたにも関わらず、診察まで2時間程度待ち
帰る頃には18:00を過ぎていました。

初診で行ったことはレントゲン撮影と歯の移植についての説明。
手術日の決定でした。

その先生は松沢先生という方で、歯の移植をした人数は間もなく1,000人になるらしいです。

歯牙移植に関する説明ですが

・歯の移植(手術)自体はかかっても1時間30分。平均で1時間。

・麻酔は部分麻酔で、抜歯する親知らずの部分と移植する部分。
 (希望があれば全身麻酔でも対応可能らしい)

・経験則で稀に術後、経過不良で失敗に終わることもある。

・移植後は約1年間、根の治療を含めた経過観察のため通院が必要。

・移植部分は根付くまでは、硬いモノを噛むと痛い。それ以外は普通

・親知らずを抜いたところは人によるけど、かなり痛いらしい。

スポンサーリンク

とこんな感じで、とても気さくな感じの先生でした

実際気になる医療保険が適応されるのか??という疑問

私個人で、ソニー生命の入院医療保険に加入しているんですが
手術で5万円給付。という特約??がついています。

以前、肘部管症候群で手術した際には降りたんですが、今回も降りるのかな??と思い
保険屋担当者へ連絡。

先生から聞いていた『難抜歯』と『歯の移植術』って保険金おりますか??と質問。

保険屋さんは、歯の移植??初めて聞いたので調べさせてください。との回答。

約1週間後、どうやら歯の移植では私の保険はお金もらえないようです。残念...

加入する医療保険によっては適応されるかもしれないので、一応、担当者に聞いてみましょう!!

歯の移植手術中についてと実際に支払った金額

当日、北大病院へ手術時間30分前に受付完了。

定刻通り手術室??に呼ばれ、うがい薬っぽい緑の水で口を濯いで待っていると5分後くらいに松沢先生が来て、これから始めます。とのこと。
松沢先生の向かいには、経験が浅いと思われる先生も。

青い布を顔にかぶせられ、始まるか!?と思いきや、写真撮影。
サンプルとして色々な記録を取られるようです。5分程度で撮影が終わり、手術開始。

麻酔を左下親知らずの部分と右奥歯の部分に各1本ずつ注射。

親知らずを抜き始めますが...麻酔が効いてない。
脳みそにビリビリと響く痛みでした。

痛いという感じのアクションをしているのに、続ける先生...
どうやら伝わらなかった模様。
もう一本追加で麻酔を打ちましたが、あまり変化なし。

言うのが面倒なので耐えていました。

バキバキ言いながら、ようやく左下の親知らずが抜けたようです。
おそらく根元が割れて歯茎に残ったのでしょう。抜けたといった後、ホジホジしていました。

抜けた親知らずの写真をとって、移植部分の骨??を若干削られそのままポンっとはめて
スーパーボンドと言っていた接着剤で固定して手術終了。

最後にまた写真撮影をして、レントゲン撮影後、注意事項等の説明を受け終了

歯牙移植手術後の注意事項は
・今日はお酒飲んじゃダメ
・今日はお風呂はダメ。シャワーならOK
・冷やすと治るのが遅くなる
・移植した歯は、ボンドと針金で固定しているだけ。強く噛めば外れる。
・外れてしまったらすぐに連絡して処置を。時間が経つと歯が死んで使えなくなる
・今日の歯磨きは下の奥歯両側以外で
・翌日以降の歯磨きは清潔に保つためにも、やさしくしっかりと

以上

会計は15,690円でした。

※手術中に個人的にかなり気になる、先生同士のやり取り(会話)がありましたが割愛
 師匠と弟子の関係的な会話です

最後に帰宅後の痛みや腫れ、数日経過した後の状況

手術を終え帰宅し、麻酔が切れるまで約3時間。

とりあえず、親知らずを抜いて縫合した部分がズキズキかなりイライラする痛みです。

麻酔が切れてすぐに食事をしましたが、左はなんだか沁みる感じの痛みだし
右で噛めば普通に痛いし...食べるのに苦労しました

痛み止めを飲まなきゃ、耐えられません。
激痛なわけではありませんが、とにかくイライラするんです。この痛み...

8日後に抜歯をしましたが、術後4日間は痛みが強く残っていました。

親知らずの抜歯に伴う痛みは人それぞれらしいので参考になれば幸いです

移植した後の根の治療など、進捗があってネタになりそうなら続きを書きます!!

それでは!!

スポンサーリンク