この記事は約 128 で読むことが出来ます

お盆のお墓参りの時期と言うのは、地域によっても差があります。

大きく分けると、7月の半ば8月の半ばと言う意見に分かれるのはご存知ですか?

なぜこのような差が生まれているのか
一体どちらの時期にお墓参りをするのが正しいのか
ちょっと考えてみましょう。

CIMG2469

お盆の時期に差があるのは旧暦から新暦への変化が要因

元々お盆の時期と言うのは
旧暦では7月の13日から16日をさしていました。

それが明治時代の新暦採用によって
8月の13日から16日に変更になったわけです。

ここでいささか混乱が起きてしまったことは、事実ですね。

また地域によっても新暦と旧暦のどちらでお墓詣りするか、
もしくは家によっての決まりもありますので
あまり今日では神経質になる必要も無いかと思われます。

ただどちらの時期にお墓参りするにせよ
出来ればお盆の入りである13日に墓参りへ行くことが推奨されます。

と言うのもこの日にご先祖様方が地上に降りておいでになるからです。

お迎えすると言う行為においても、この日が旧暦新暦問わずに
13日が一番いい日であることは事実なのです。

お盆のお墓参りで日程よりも大切なこと

一番大切なのは、ご先祖様に敬意を表すると言うことです。

何しろこのせわしない世の中です、昔のようにお盆に一斉に休みが取れるとは限りません。

例え休みが取れても、会社の休みと自分の家の
お盆のお墓参り時期が一致しないと言うこともあります。

どうしてもお盆のお墓参りに行けない場合、家の仏壇でお迎えするのもまたよろしいのではないでしょうか?

心込めてお迎えすることが何より肝心なのですから。