スポンサーリンク

この記事は約 140 で読むことが出来ます

季節が夏に変わりかけ、体調を壊しやすい今日この頃。みなさんいかがお過ごしですか??
今回は、カビ肺炎なるこの夏に流行しそうな病を見つけたので皆さんにお知らせ致します。

私も今現在、ここ最近の温度差からか風邪をひいてしまったのですが雑誌でカビ肺炎なる放置すると完治しなくなるかもしれない恐ろしい肺炎があることを知りました。
なんでもこの『カビ肺炎』一般的な細菌感染によるものでないので、放置するとそのカビ胞子が肺中に拡散し根をつける。というもの
トリコスポロン

※画像は深在性トリコスポロン症研究会サイトからお借りしています
カビ肺炎の原因となるカビ胞子が『トリコスポロン』

スポンサーリンク

夏風邪と似ているカビ肺炎の症状として
・咳が止まらない ・発熱 ・痰 ・頭痛
普通の風邪と変わりませんが、うつらないらしいです。もしあなたの家族に風邪っぽい症状をあらわしているのに、周りに感染しない場合もしかしたら、カビ肺炎かもしれませんよ!?

カビ肺炎自体は昔からあるらしいですが、エアコンの普及により爆発的な発症を引き起こしている模様。
また原因はエアコンだけでなく、古くなった木や畳をはじめカーペットにもトリコスポロンがいる。昔と違ってマンション等気密性が高くなったせいで湿気がこもりカビ肺炎の原因トリコスポロンを繁殖させる場所が増えているらしい。
もう使っている家庭も多くなったと思うけど、エアコンを運転する前にきちんとフィルター等のお掃除をしてから使いましょう。

夏風邪とカビ肺炎の見分け方は医者でも困難らしく、夏風邪と思っていたけど呼吸困難が起きてしまった。という場合には、医者に肺レントゲンを撮影してもらい検査してもらいましょう。
初見ではただの風邪と診断される場合が非常に多く、そのまま放置すると死の危険があるようです。
また、慢性化するカビ肺炎。この時期に毎年同じ症状に悩んでいる。という方は、カビ肺炎を疑って検査してみることをお勧めします。

スポンサーリンク