スポンサーリンク

    この記事は約 214 で読むことが出来ます

    子どもの頃、夏休みに盛り上がったイベントといえば、花火、スイカ割り、肝試し、キャンプとさまざまありますが、中でも定番は海水浴ではないでしょうか。

    しかし、そんな楽しい海水浴も
    「お盆になったら海に入っちゃダメ!」
    と言われたことがある人も少なくないはず...

    今回は、どうしてお盆になると海水浴をしてはいけないのか、その理由についてご紹介します。

    2781695696_a26377a918_z

    お盆に海に入っちゃいけないというのは、先人たちの優しさ


    お盆の時期になるとこれから記載する海での危険が多くなります
    そうしたことを昔の人たちは肌で感じていて、それを子どもたちに伝えるために
    『お盆の海は危ないから海水浴はダメだよ』と言っていました。

    その優しさを踏まえて、3つの主な理由をご覧ください。

    スポンサーリンク

    理由1.霊に悪さをされるかもしれないから

    お盆になると先祖の霊が無事に帰ってこれるように迎え火を焚いたり提灯をつけたりする風習があるように、あの世から霊が戻ってくる時期。また、水辺には特に霊が集まりやすいとされているので、お盆の時期に海水浴をするとそんな霊に悪さをされて海に引きずり込まれてしまうという言い伝えがあります。

    理由2.クラゲに刺される事故が増える時期だから

    年中海にいるクラゲですが、お盆の時期になるとちょうど立派に成長して毒のあるクラゲの出現頻度が高くなります。そのため、海でクラゲにさされて溺れてしまう事故が多くなり、海水浴には向かないようです。日本海側では毒をもつクラゲのほかに、触るとしびれるクラゲもいるので注意が必要です。

    理由3.突然あらわれる「土用波」が危険だから

    「土用波」とは、7月下旬から8月初旬にかけて現れる晴れて風もないのに波だけ高くなる現象のことです。遠くにある台風の影響を受けて、突然天気が荒れて土用波のような大波が来たり、大潮の影響で水かさが増して水の事故が起きる可能性もあるため、海水浴を禁止する海岸もあるようです。

    注意していれば海水浴していいんだよね?

    もちろん、お盆の海水浴禁止は法律・条令で禁じられているわけではありませんので、海水浴で楽しんだとしても逮捕されることや注意されたり罰金を払うなどの罰はありません。

    いずれも自己責任という判断ですが、毎年この時期になると水難事故が多発するのは皆さんご存知でしょう。ナニカが起きてから、

    霊に引っ張られた...
    クラゲにさされてひどい目にあった...

    なんて後悔しない為にも
    お盆の時期は海水浴に向いていない理由があるので
    できるだけ入らないでいたほうがいいのかもしれませんね。

    スポンサーリンク