スポンサーリンク

この記事は約 148 で読むことが出来ます

2014/4/1から消費税が5%⇒8%へ増税された。
この消費税引き上げによって、子育てをしている世帯に対して、児童手当受給者1人1万円が給付される『子育て世帯臨時特例給付金』の申請が開始されている。
この『子育て世帯臨時特例給付金』の申請は地方自治体によって、受け付け期間が違うので要確認です。今回はこの『子育て世帯臨時特例給付金』について紹介してみる。
子育て世帯臨時特例給付金

まずは子育て世帯臨時特例給付金の対象者と支給要件
【子育て世帯臨時特例給付金対象者】※以下2つを満たしている必要がある
■平成26年度1月の児童手当、特例給付を受け取っていること
■平成25年度の所得が児童手当の所得制限限度未満であること
【子育て世帯臨時特例給付金対象児童】
■支給対象者の平成26年1月分の対象児童であること
※但し、臨時福祉給付金対象児童・生活保護対象児童でないこと。
【所得制限限度について】
■子供1人(母子、父子家庭) ・・・875.6万円
■子供1人(夫婦と子供) ・・・917.8万円
■子供2人(夫婦と子供2人) ・・・960万円

スポンサーリンク

基準日2014/1/1 (平成26年1月1日) 以降に生まれた子供は対象外となる。
対象者は基準日に住んでいた市役所・区役所等役場で申請を行わなければならない。忘れると支給されないので注意!!
【申請方法】
市区町村で用意されている申請書に必要事項記載し、必要書類をあらかじめ準備し窓口へ
(必要書類:申請書、申請者本人確認書類の写し、振込先の通帳・カードの写し)

最後に『子育て臨時給付金』申請期間の一部を紹介して今回の『子育て臨時給付金の対象者と申請方法』を終わります。
平成26年6月下旬~ 札幌市
平成26年7月中旬~ 横浜市 広島市
平成26年7月下旬以降~ 大阪市 神戸市 川崎市 仙台市
平成26年7月1日(火)受付開始 福岡市 大田区 江東区 足立区 葛飾区 世田谷区 板橋区
平成26年8月1日(火)受付開始 千葉市
※いずれも郵送で対象世帯に書類が送付される予定。それらに記入して郵送もしくは自治体窓口へ

スポンサーリンク