スポンサーリンク

この記事は約 157 で読むことが出来ます

ニュースで『手足口病流行の兆し』というものがありましたのでこの『手足口病(てあしくちびょう)』について調べてみました。

私が子供のころには、手足口病は子供特有の病気という認識があった感染症。手足口病は主に5歳以下の子供が夏の暑い時期(7月頃)に、あるウィルスに感染することによって発症する伝染病です。

夏に流行する要因としては、手足口病の原因となるウイルスが湿気や暑さに強い。ということが挙げられると思います。
手足口病の初期症状は風邪と似ているため、夏風邪との誤診されやすくなっています。(勝手に風と思いこむ)
潜伏期間は3日程度。発症すると長くても10日程度で自然に治ります。

手足口病

初期症状は 発熱 喉の痛み
発熱は微熱の場合が大半を占めますが、ウィルス性の為稀に40度を超える高熱を発することもあります。
発症すると 手・足・口 の周りに水ぶくれ(水泡)ができ、口内炎として口の中や舌に現れることもあるようです。
この水泡の出方や大きさはもちろん個人によって差があるのですが、その年に流行しているウイルスによっても違いがあるようで、今年は手・足・口だけでなく首のまわりやお腹の周辺にも出てくるようです。

スポンサーリンク

手足口病は伝染病ですが、空気感染することは少ないので手洗いやうがいをしっかりと行っていればある程度予防できると言えます。
また、手足口病に対するワクチン自体は存在しないので、日頃の体調・健康管理が重要ですね。

大人がこの手足口病に感染すると、重くなる傾向が強いようで上記にある症状に加え
だるさ ・ 頭痛 ・ 悪寒 ・ 関節痛 などを伴う模様
正直なところ、水泡がなければ風邪と思ってしまいますよね。この手足口病の水ぶくれも、人によっては小さく気づかないこともあるかもしれません。
頭痛がひどい場合には、髄膜炎など他の病気に発展している可能性があるので早めの受診をオススメ致します。

大人手足口病

成人が手足口病を患う一番の原因は、感染している子供達との接触。
我が子が手足口病を発症し、その世話をしている際に感染してしまうことがダントツです。おむつ交換や食事など手洗いを欠かさず、注意が必要。
最後に、完治から3カ月後程度に爪が剥がれおちることもあるようなので記載しておきます。

スポンサーリンク