スポンサーリンク

この記事は約 144 で読むことが出来ます

毎週平日朝9:00から放送しているNKHの情報番組『あさイチ』
先日の特集のなかで『ママ友トラブル』というテーマで小学生や幼稚園児を育てるママ友達の様々なケースを紹介していたのでそれをネタに書いてみます。

朝イチ ママ友トラブル

まずママ友は必要という方は80%程度で、その必要理由として『同じ世代の子育てに関する情報源』『相談、話し相手』『遊び相手』と同じママ友でも様々な接し方があることが判明。
半面ママ友間でのトラブルや子どもに関係するもめ事まで数多くの母親がママ友同士のトラブルを経験しているとの実態。

スポンサーリンク

そのトラブルは『仲の良いママ友との関係を他のママ友のうわさ話で破壊された』『ウソのうわさ話が広まってしまい子どもが遊びに誘われなくなった』など『告げ口ママ』と称される悪口や告げ口による被害
『些細な一言でスマホアプリLINEのグループから省かれた』などママ友グループのリーダー的な存在『ボスママ』への態度が招く被害など色々なことがありました。

また女性ならでは??
と思える点が、同じ子育てをしているママ友なのに階級意識が存在していること。
・夫の職業や収入 ・自身の容姿 ・子どもの成績 ・家の大きさ ・教育費
正直私からみれば、それはそこそこの家庭で違いがあるし差があって当たり前。と思いますが、それらを理由に私が上である。とかあの人よりは下。などという意識が芽生えるようです

よくご近所トラブルとはいったものの、ママ友となると影響するのが子ども。そう考えると、末永く上手にお付き合いしたいものですよね。
あさイチではママ友トラブルを回避、防止するために
『適度な距離感を保つ』『不要な詮索はしない』『もめ事発生時は中立の立場で接する』『悪口を言わない』『悪口に同調しない』など、まぁ人間関係を保つための基本的な紹介がされていました。

会社のなかでも同じ事がありますが、ママ友という集団の中でも形態が違うだけで組織なんですね。
改めて人付き合いの難しさを感じた良い番組と思います。

スポンサーリンク