スポンサーリンク

この記事は約 26 で読むことが出来ます

今私たちの国 日本が大きく揺れているのを感じます。官邸前では、デモの為集まった反対する人たち…この集団的自衛権について反対する方達が、あらゆる場所でデモを起こした2014/7/1
そして、安倍首相が集団的自衛権を閣議決定しました。
この集団的自衛権反対に対するデモで集まった人たちは2,000人以上いた模様…

日本中がこの『集団的自衛権』について、注目が集まっているようですが正直そもそも集団的自衛権ってなんだ!?という無知な私の為に、ブログを書いています。

集団的自衛権

私の先生的な存在『池上彰』さん。池上さんの簡単解説を見て、自分なりにまとめますので不備があればゴメンナサイ

まず『自衛権』 ⇒ 『個別的自衛権』と『集団的自衛権』 がある。
個別的自衛権:私たちが他の国から攻撃されてしまった時に、自国を守るために戦う権利
集団的自衛権:同盟的なグループに属すことで、そのグループに属する国が他の国から攻撃された場合、その国(仲間)を守るために戦う権利

スポンサーリンク

まぁこれだけみると、ごく当たり前のことで他の国では普通のこと。ではなんで日本では問題視されているのか??という点

日本は日本国憲法の『憲法九条』で戦争を放棄している。
だから日本は国際的には自衛権を持っているけど、法律で禁じているから集団的自衛権は使えない。
集団的自衛権を実施するにあたって憲法九条が邪魔をしているが、法律なので無視できない…憲法そのものの解釈を変えてしまおう!!というのが、今回のデモやらニュースの発端らしい。

次は、なぜ安倍首相はこの憲法9条の解釈を変えてしまおうという行動に出たのか??という点

現状私たち日本はアメリカと日米安保条約を結んでいるいわば同盟国。日本が攻撃された場合、アメリカはしっかりと助けてくれるはず。そのために、国内のいたるところに基地がある。
ただ、日本はアメリカが攻撃されていても助けることができない。憲法9条があるから…
今は何事もなく平和であるが、この先その危険がないとは誰も言えないはず。万が一、今記載したことが起きてしまった場合、日本はアメリカからの条約破棄だけでなく、全世界的な批判を浴びることでしょう。

これらの自衛権について、おかしなことが考えられるし実現するかもしれないなら
憲法九条の解釈を変えてしまおう!!と動く人と
憲法九条によって集団的自衛権が使えないから戦争に巻き込まれることがない!!
と反対する人がいるわけです

スポンサーリンク