スポンサーリンク

この記事は約 20 で読むことが出来ます

今回はちょっと趣向を変えて、花粉症で悩む私の知人に話を聞いてサイトの記事を書いてもらいましたwww
私は花粉症には正直無縁な人生なので辛さがイマイチわかりません。
実際に悩んでいる方に、実際にやっている花粉症対策や実際の症状等をネタにしてもらいました。
ではどうぞ~

花粉症 2015 いつから 薬

今年もまもなく花粉症の季節がやってきます。
予想では去年の倍ほどの量が飛散され、2月に入れば飛び始めるようです。

我が家では8歳の娘を筆頭に、主人、私(共に40代)
と花粉症及びアレルギー性鼻炎の症状があります。

特に娘の症状がひどく、幼児の頃は花粉症だけでなく
喘息発作も伴うほどのアレルギー反応が激しく表れていました。

現在、年齢も上がり体力がついたため喘息は治まっていますが
カレーライスの匂いがわからないほど、ひどい鼻炎に悩まされています。

スポンサーリンク

様々なアレルギーは現代病といわれ、一生治ることはないとのことです。
花粉症を含めたアレルギーと上手に付き合っていくしかないのが現状です。

娘の場合、去年、上手に花粉対策ができていなかったせいか夏になっても
まったく鼻炎は治まらず、そのまま引きずって、今年のピークを
まもなく迎えようとしています。

そこで、今年はひどくなる前に対処しようと考えています。

まず、薬ですが、娘の場合、通年で定期的に耳鼻科に通っており
いわゆる抗アレルギー薬といわれる
「アレグラ」と点鼻薬「ナゾネックス」が処方されていました。
現在はアレルギー薬は「ザイザル」点鼻薬「アラミスト」で様子を見ています。
また、目のかゆみも訴えることがありましたので、点眼薬も処方されましたが
子供にはすごくしみるようで、よっぱどかゆみがひどい時以外は、あまり使用しませんでした。

私と主人は市販の薬「アレグラ」のみでとりあえず乗り切っている状態です。
私の場合、薬に加え、マスクとサングラスでほぼ、不審者のような恰好で春は行動しています。

あと、今年は年明けからヨーグルトを毎朝とるようにしています。
花粉症の場合、乳酸菌よりもビフィズス菌が有効らしいので
乳酸菌のうたい文句よりもビフィズス菌と書いてある商品を選んでいます。

まだ効果はのほどはわかりませんが、今年は症状が悪くならないよう先手必勝で頑張ります。

スポンサーリンク