スポンサーリンク

この記事は約 134 で読むことが出来ます

もう数日で2月。月日が流れるのはとっても早いですね。2月と言えば節分
節分は立春の前日にあたります。立春の前といことは節分が終わればもう春は近い!?ということになりますね。立夏、立秋、立冬と年4回ある季節の変わり目の中で、立春は特に1年の始まりとされており、その前日には厄払いや災難を祓い清めるような行事が行われていました。その名残りが節分として残ったといわれています。
2015 節分 寿司

スポンサーリンク

節分には、恵方と呼ばれる幸運を招くといわれる方角があります。
毎年方角は異なり、今年は西南西の方角になります。西日本では節分の日には、豆まきはもちろん行いますが、巻きずしを一本、その年の恵方の方角の方向をむいて丸かぶりするのが慣習です。

巻きずしを切らずに○かぶりするのは、巻きずしが「福をまく」切らずに1本そのまま食べるのは、「縁を切らない」いう意味があるようです。恵方の方角を向いて、無言でお願いごとをしながら1本丸かじりすると幸運がおとずれるとされています。
関西では一般的な行事でしたが、関東の方ではなじみがなかった習慣のようです。

しかし、最近では、節分が近づくとデパートやコンビニなどでも見かけるようになりました。関東の方でも節分の日に巻きずしを食べるという習慣が根付いたようです。節分といえば忘れてはならないのが、豆まきです。

豆まきは中国の習俗が伝わったようですが、豆まきには邪気を払うと言う意味があります。
鬼に豆をまくことで、魔を滅して新しい年を迎える用意をしたようです。豆まきですが、豆まきにつかう豆は炒ったものを使う必要があります。生のものは、拾い忘れた豆から芽がでてしまい縁起が悪いとされています。
また、豆を炒ることで鬼を封じ込めるという意味もあるようです。自分の数え年の数だけ豆を食べる事で、病気にならず健康でいられるといわれています。

スポンサーリンク