スポンサーリンク

この記事は約 231 で読むことが出来ます

今年も間もなくテニスの4大大会(通称:グランドスラム)全米オープンが開催されますよ。
今年(2013年)の全米オープン開催スケジュールは
8月26日(月)~9月6日(金)です。
開催場所はアメリカ フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク(Flushing Meadows–Corona Park)
下の写真はウィキペディアから掲載(フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク)
フラッシングメドウズ

こちらのコートの特徴は、何といってもセンターコートの観客収容人数。
4大大会最大の23,000人以上。写真でもわかりますがこれでもか!?
と言うほど、観客席が用意されています。

観戦チケットは1階~3階でセンター、コーナー、エンドと9種類の座席があります。価格は最安値で120ドル(12,000円程度)~590ドル(59,000円程度)とかなり幅があります。
週末の観戦チケットは価格が上昇する傾向にあり、ファイナルラウンドはプレミア価格がついてしまい通常価格の10倍程度まで上がることがあります。
ある程度スケジュールは前もってわかっているので、ファイナルラウンドのチケットを安く手に入れることは難しそうです。
発売開始されるとすぐに完売してしまうほどの人気ぶりなので、
観戦したい方はお早めに!

スポンサーリンク

全米オープンはグランドスラム最後の大会で4大大会すべてを同じ年度で制覇した選手は過去以下の通り

男子シングルス 2名
ドン・バッジ(1938) ・ ロッド・レーバー(1962・1969)
ロッド・レーバーは今までで唯一グランドスラムを2回達成したことがあり、テニス界では超有名です。

女子シングルス 3名
モーリーン・コノリー(1953) ・ マーガレット・スミス・コート(1970)
シュテフィ・グラフ(1988)

男子ダブルス 1組 フランク・セッジマン ケン・マグレガー(1951)

女子ダブルス 1組 マルチナ・ナブラチロワ パム・シュライバー(1984)

男女混合ダブルス 1組 ケン・フレッチャー マーガレット・スミス(1963)

こうやって調べてみると、ここ30年グランドスラムを達成した人っていないんですね。とっても偉業であるということが改めてわかりました。

私の世代で有名なテニスプレーヤーと言えば、男子で『ロジャー・フェデラー』
『ラファエル・ナダル』
女子で『マリア・シャラポワ』くらいでしょうか。
この方達はグランドスラムを今現在、未達成ですが
通算で各大会を制したことがある『キャリアグランドスラム』プレイヤーとなっています。

我らが日本の選手 『杉山愛』さんはキャリアグランドスラムまであともう少し!というところまで行っていたのですが、おしくも2009年の全豪オープン決勝で敗退してしまったことが記憶に新しいです。
今年の日本勢『添田豪』『森田あゆみ』『クルム伊達公子』『錦織圭』の活躍ぶりに期待しましょう!!

スポンサーリンク