スポンサーリンク

この記事は約 22 で読むことが出来ます

今やビジネスの場も生活の場もグローバル化が著しく、身の回りで外国人と関わることが非常に増えています。企業では英語を公用語として用いているところもありますし、英語スキルが就職するときの必須になっているときもあります。もちろん修飾語も英語能力は各場面において必要になります。
teap

このように英語教育は大変重要であるにもかかわらず、日本の今までの英語教育は「受験英語」と言われ知識問題への偏りがあると批判されてきました。
それを改善しようという狙いもあり、上智大学と英語検定協会が最近開発したのが「teap」こと「Test of English for Academic Purposes」です。
ではこの気になるteap、いったいどのようなものなのかさっそく調査してみました。

スポンサーリンク

Teapの目的及び内容

Teapは、あの英語教育で有名な上智大学と英語検定協会が共同で開発した英語テストで、大学入試と関連して作られたものなので、主に高校生(及び浪人生)を対象としています。
Teapは、今までの知識重視の問題とは異なり論理的思考力を問う良質な問題が集められています。
年3回実施され何度でも受験することができます。
読む聞く書く話すの4つのスキルをバランス良く試すことができる内容になっており、難易度は英検準2級~準1級程度で「大学教育レベルに必要な英語力」を判定する内容となっています。

Teap採用大学が増えている

Teapは、既に複数の大学入試に採用されています。開発者である上智大学はもとより立教大学、関西大学、立命館大学等も採用しています。その他筑波大学など導入を検討中の大学もあります。
Teapを採用した場合受験生はteapで基準スコアをクリアすると対象大学での英語試験が免除されます。スコア自身が勘案されることはありません。クリアしたかどうかだけで判定されるのです。
これによって大学ごとのばらつきがなくなり、一律に学生の英語能力を判定することができますし学生の方も各種の大学の英語試験対策をすることなくteapだけの対策に集中できます。teapをクリアできればその他の科目に集中して取り組めるというメリットもあります。

まだ制度としては新しいteapですが、今後どのような広がりを見せていくのでしょうか。日本の英語教育にどこまで変化をもたらすことができるのか注目していきたいですね。

スポンサーリンク