スポンサーリンク

この記事は約 159 で読むことが出来ます

昨今ニュース等でも大変な話題になっている「TPP」。どなたも一度は聞いたことがある言葉だとは思います。ではこれはいったいどのようなものなのでしょうか。
TPPは「環太平洋パートナーシップ協定」の略称であり、交渉国も含めるとシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド、アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーなどが参加しており、日本はまさにその条件等についてアメリカと交渉中と言うことになります。

TPP
このTPPによりアメリカ牛肉の関税が大きく引き下げられる可能性があるということで、そうなると牛肉市場が大きく変わるのではないかと言われています。
そこで今回はこの気になるTPPとアメリカ牛肉関税について調査してみました。

スポンサーリンク

TPPの目的と効果

TPPは上記のように環太平洋地域に置ける経済協定の一種なのですが、これはいったいどのような目的なのでしょうか。
それは、各国間の貿易や交易を自由化することによって流動性を高め互いに経済効果を高めて発展しようという発想から生まれたものです。
具体的には関税を撤廃または大きく引き下げたり各種の規制を緩和して加盟国間のやりとりを活性化します。
TPPを導入すると、たとえば外国の安い食品がたくさん入ってきて消費者は安く商品を買えるようになりますし、関税や規制がなくなった分輸出企業は自社製品を多く輸出しやすくなります。しかし反面外国産の危険な食材が入ってきたり国内の産業が圧迫される恐れがあると言われています。

アメリカ牛肉関税について

ではこのTPP、アメリカ牛肉関税にはどのような影響を与えるのでしょうか。今アメリカはアメリカ牛肉関税を大きく引き下げることを日本に求めています。もしこれが引き下げられると日本国内で安い牛肉が多量に出回ることとなるでしょう。
たとえば吉野家の牛丼など外食産業には多大な影響が出て、単価を180円程度にまで落とせるのではないかという話もあります。
しかしその分国産牛肉業者が圧迫されることは必至です。さらに安全性や自給率維持の見地からしても、本当にアメリカ牛肉の大量輸入に踏み切って大丈夫なのかという問題も残るでしょう。
このようにアメリカ牛肉関税問題については、一長一短があるのです。
今後もTPP交渉がどのような経過をたどっていくのか、目が離せませんね。

スポンサーリンク