スポンサーリンク

この記事は約 22 で読むことが出来ます

最近通信回線業界を大きく賑わせているニュースがあります。

それは、通信大手のNTTドコモが「ドコモ光」という
新サービスを開始するというニュースです。

ドコモ光は、携帯電話の通信と固定ブロードバンド通信をセットで
提供して割り引くというサービスです。

docomo-hikari

今までAUやソフトバンクは類似のサービスをしていましたが
ドコモの場合NTTが民営化するときに課せられた規制があったため
ドコモとOCNが協同することができず、今までできなかったのです。



それを今回ドコモがブロードバンド通信サービスを独自に提供するという形をとることで
ドコモもセット割サービスを提供できることになったのです。

ではこのドコモ光サービスと今までのOCNのフレッツ光との関係は
いったいどうなるのでしょうか。
大変わかりにくいのでわかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

ドコモ光のシステム

NTTグループには基本的な規制があるため、NTTドコモは他のNTTグループと共同して事業をすることはできません。
ですので、今回のドコモ割もフレッツ光との抱き合わせではなくあくまでドコモが提供するブロードバンドサービスという建前になっています。

ですのでドコモ光とOCNフレッツ光は全く別のサービスと言うことになります。

しかし実際にはドコモはこのブロードバンド回線をOCNから借り受けるということなので、事実上はフレッツ光と同じ回線を利用することにはなるのです。
複雑ですね。



OCNフレッツ光とドコモ光の比較

先ほど述べたようにドコモ光とフレッツ光は別サービスなので、現在フレッツ光を利用しているからと言って自動的にドコモ光に移行するわけではありません。

移行したければご自身で手続きをとって乗り換える必要があります。

そこで、実際に今フレッツ光を利用している人がドコモ光に乗り換えるのが本当に得なのかどうかということがささやかれています。

たしかに、使用している携帯電話がドコモなのであれば、ドコモ光に乗り換えてセット割を受けた方が得だという気もします。
ただドコモ光は利用する回線等によって料金が異なってくるようです。

フレッツ光からの乗り換えを検討するなら、現在の利用状況に照らして料金をシミュレーションしてみてからの方が良いでしょう。

スポンサーリンク