スポンサーリンク

この記事は約 148 で読むことが出来ます

昨年頃からニュースでも大きく取りざたされるようになった「タカタエアバッグ問題」。
これについて一度は耳にしたことがある方も多いでしょう。具体的にはいったいどのような問題なのでしょうか。
簡単に述べると日本の自動車部品メーカー「タカタ」が製造したエアバッグに大きな欠陥があり主にアメリカで数多くの事故を引き起こしたという問題です。
そしてこの欠陥により、車の安全問題や経済的な問題、日米関係等について多数の問題が発生しています。そこで今回はこのタカタエアバッグ問題をじっくり考えてみました。

エアバッグ問題

スポンサーリンク

タカタエアバッグの欠陥と事故

タカタエアバッグ問題を考えるに際し、その欠陥と事故を知る必要があります。タカタエアバッグは日本の自動車部品メーカー「タカタ」が作ったエアバッグですが、これは自動車が衝撃を受けてハンドルから飛び出す際、インフレーター(ガス発生装置)が異常炸裂し、金属片等が飛び出してきて運転手の体に突き刺さるという欠陥がありました。
これにより大けがをした人や中には命を失った方もいたのです。
これがタカタエアバッグの欠陥内容と事故の概要です。

タカタエアバッグ問題による影響

タカタエアバッグ問題は、単に事故が起こっただけではありません。まず対応の鈍さの問題があります。具体的には、タカタエアバッグ事故が発生していることがわかっていたのに始めてリコール回収が行われるまで3年間ほど放置されたということが言われているのです。
またタカタエアバッグは多数の日本車に使用されていて、たとえばトヨタや日産、ホンダ等のメーカーの車種にも使われているので、これらの自動車メーカーも多大な損失を被っています。
世界からの日本車や日本製品への信頼が失われてしまったという問題もあります。
また、アメリカではタカタに対し、集団訴訟が起こされると言うことです。
タカタエアバッグ問題は発生してから何年も経過しているというのに、問題はますます深刻になっていくばかりです。
これからもこのタカタエアバッグ問題がどのように推移していくのか、注意してみておく必要がありそうですね。

スポンサーリンク