スポンサーリンク

この記事は約 158 で読むことが出来ます

いよいよ立春も過ぎて暦の上では春を迎えました。
2月下旬にはだんだんと暖かくなり、3月に入ると3月3日桃の節句。そう!!ひな祭りですね。
ひな祭りは全国でいろんなイベントが開催されて、華やかなひな飾りを飾ってとても楽しい一日になります。

こんなひな祭り、全国の飲食店やスイーツ屋さんなどでも「ひな祭りですね」として、いろいろな特別メニューが用意されますが、自宅でもひな祭りに食べる食べ物ってありますよね。たとえばちらし寿司なんかが真っ先に思い浮かびやすいかもしれません。
では他にどんなひな祭りの食べ物があるのでしょうか。それらを食べる意味は?今回はそんなひな祭りに食べる食べ物についての特集です。

ひな祭りですね

スポンサーリンク

ひな祭りと言えば ちらし寿司、菱餅(ひしもち)

ひな祭りと言えばちらし寿司です。なぜちらし寿司を食べるのでしょうか。
これについては、ちらし寿司の具に意味があるそうです。赤いえびは「健康と長生き」を、白い蓮根は「見通しがきく」こと、緑の豆は「健康でまめに働ける」ことを表すそうです。ですので、ちらし寿司を自宅で作るときは、この3つの具材は外さないようにしましょう。
またひな祭りと言えば菱餅です。これはどのような意味があるのでしょうか。
菱餅は上から赤、白、緑の3色のお餅を菱形にして重ねたものです。赤は魔除け、白は清浄と純潔、緑は健康と長寿を表しています。
お気づきのお方もいらっしゃるかもしれませんが、ちらし寿司と菱餅には「赤白緑」の3色が使われている共通点があります。これは、赤は桃の花、白は残雪、緑は若草を表しており「雪が溶けて、草が芽生え、花が咲く」という春の到来の意味合いが隠されているからだそうですよ。

なぜかひな祭りに出てくる はまぐりのお吸い物

ひな祭りにははまぐりのお吸い物を頂くことも多いです。
これは、はまぐりの貝殻にその意味合いがあります。
というのも、はまぐりの貝殻は、互いに対になっている貝殻でないと絶対に合わない特徴があります。そこではまぐりには、相性の良い結婚相手と結ばれて、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められているのです。
ひな飾りが嫁入り道具にも用いられるなど、婚礼とも密接な関わりのあるひな祭りですから、こんな結婚に対する願いも込められた食べ物を頂くのですね。

スポンサーリンク