スポンサーリンク

この記事は約 152 で読むことが出来ます

節分が過ぎ立春も過ぎ、いよいよ暦の上では春になりました。春と言えばもうすぐに3月3日、ひな祭りを迎えますよね。
ひな祭りと言えば女の子のためにひな人形を飾ってお祝いをする日というイメージですが、では何のためにこのようなことをするのでしょうか。言われてみると、その理由をはっきりとは知らない方が多いかもしれません。
そこで今回は、そんな気になるひな祭りの由来を徹底調査してみました!!


ひな祭り 由来

スポンサーリンク

ひな祭りの起こりは厄払いの流しびな

ひな祭りは、3月3日の桃の節句に行われるお祭りです。これはいつ頃どのようにして起こったのでしょうか。
ときは古く平安時代にまでさかのぼります。この頃、中国では季節の変わり目である3月始め(日付は固定されていませんでした)に「みそぎ」(お祓いのような儀式)を行うことが習わしになっていました。その習わしが日本にも伝わり、日本では貴族の宮廷行事として厄払いのために人形を流すようになったのです。
室町時代にはこの厄払いの儀式は武家社会にも浸透し、日付も3月3日に固定されましたがこの頃はまだひな飾りを飾るのではなくあくまで厄払いのための行事でした。
また、特に「女の子のため」という意味合いもありませんでした。

女の子のための華やかなお祭りへ

その厄払いのための行事が今のように華やかな女の子のための行事に発展したのは、時代が下って文化が栄えた江戸時代に入ってからです。
江戸時代になると華やかな町人文化が発展し、ひな人形も人形師による高級品が次々と作り出されるようになりました。
そうなってくるとひな人形は流すものではなく飾るものへと変わってきたのです。
徳川幕府が3月3日を、季節の節目として「上巳の節句」と定めて重要な行事と位置づけたこともひな祭りが発展した一因になりました。
さらに、端午の節句が男の子のための行事だと言うことになったので、それとの対比でこの「上巳の節句(3月3日)」を女の子のための行事として祝うようになったのです。
上流階級では、豪華なひな飾りを嫁入り道具に持たせるのがステータスになっていたそうですよ。
このようにして、今の華やかなひな祭りができあがったのです。おもしろいですね。

スポンサーリンク