スポンサーリンク

この記事は約 141 で読むことが出来ます

季節も既に立春を過ぎて、暦の上ではいよいよ春を迎えました。
2月下旬にもなれば気温も少しずつ温かくなり、3月に入るといよいよ桃の節句、ひな祭りのシーズンです。
ひな祭りには毎年日本各地で各種のイベントが開催されますが、要注目のイベントを一つご紹介したいと思います。

それは、大分県豆田町のおひな祭りです。
江戸時代の風情が漂う雰囲気ばっちりの素敵なお祭りなのですよ。ではさっそく見てみましょう。
豆田町 おひな祭り

スポンサーリンク

豆田町おひな祭りとは

突然「豆田町」と言われても、いったいどんなところなのか知らない方もいらっしゃると思うので、ちょっとご紹介させて頂きます。豆田町は大分県日田市にある地域の名前です。
ここは江戸時代、幕府の役所が置かれて、九州随一といわれるほどの繁栄を極めた地域で
「天領日田」と呼ばれています。
栄えた街ではたくさんの証人たちが京都や大阪などで買い求めた豪華なひな人形・ひな飾りがたくさん残っていることから、このような文化財を飾って展示することから始まったのが
「豆田町おひな祭り」なのです。

楽しいイベントの数々

豆田町おひな祭りの期間は、江戸時代の風情漂う町並みの中にある旧家の建物や資料館でたくさんのひな人形が展示されます。
たくさんのお店も出て、かわいいおひな様グッズが買えるお店もありますし、お酒がいただける酒造でもおひな祭りイベントが開催されます。中でも一番の注目は流しびな体験です。
豆田町の桂林荘公園という場所で今年は3月1日(日)に流しびなをするのですが、その際レンタルできる着物と着付けをしてもらって、和装をして流しびな体験ができるのですよ。
なんだか日本人に生まれてよかったなぁ、と思えそうなイベントです。
その他コンサートが開かれたり梅祭りが開かれたり等、お楽しみが盛りだくさんです。
今年は2月15日から3月31日まで開催されるそうですよ。
結構長い間開催されるので、機会を見つけて是非一度訪ねてみてください。

スポンサーリンク