スポンサーリンク

この記事は約 143 で読むことが出来ます

またまたニュースで『異物混入』騒ぎが勃発していますね。
今回は『まるごと苺アイス』の中にカビが検出された商品があったものの、それを『砂の混入』と事実を伏せて商品を回収していた。という悪行…
まぁ食べ物に関する異物混入は、ココ数年次々と明るみに出ているけど昔からあること。
ただの異物混入であれば、私的に放置するんですが…

まるごと苺アイス
↑ ↑ ↑ ↑
ちなみにコレがアンジュ・ド・バージュのまるごと苺アイス
1個51円で1ケース6,120円だそうです。

今回は完全な悪行。事実の隠ぺいですので、ちょっとネタにしてみます。

まずは『アンジュ・ド・バージュ』という会社について
現在、ホームページは完全に落ちていてアクセスできません…。企業の緊急対策でしょうか。それとも、アクセス殺到によるものでしょうか。

スポンサーリンク

『まるごと苺アイス』を調べてみると、業務用らしく一般には出回っていない模様。
ただ、アンジュ・ド・バージュのまるごと苺アイス納品実績を調べると、焼き肉、和食、居酒屋、ホテル、介護施設、レストランなどがある模様。

それ以上の追求は難しそうですが、ニュースによると回収されたのは2割程度。もうすでに私たち一般消費者の口で食されてしまった。ということですね。
おぞましい…
しかも検出されたカビは『毒性の疑い』があるらしく、幸い健康被害報告はないらしいけど…
アイス食べて食あたり!!なんて、想像もしないよね。多分

2014年11月兵庫県の取り扱い店舗から『まるごと苺アイスの表面に黒いもの』という苦情で発覚。
翌月の中旬に『カビ検出』という検査結果を受け、自主回収開始。
ただ、カビ検出という事実は健康被害発生の可能性が低いという事業者の判断で『砂混入』に捻じ曲げられていた模様
飲食店関係者的には『砂程度』なら…と思って、陳列、提供していたお店も多いのでは??という疑問もあります。

アンジュ・ド・バージュ

食べたという記憶がある方、ご注意ください!!

スポンサーリンク