スポンサーリンク

この記事は約 256 で読むことが出来ます

近年「ふるさと納税」について取り上げるTVがふえてきました。

ふるさと納税が「簡単にできる」「お得な品物がもらえる」など特集化されてますが本当にそうなんでしょうか?ふるさと納税って意外とわからないことも多いです。
でもふるさと納税の仕組みがわかることで真にお得なんです。

しかも、「ふるさと」と付くので今は都会に住んでいるが生まれた町に寄付(納税)したいというかたにもわかるように説明できたら幸いです。ほんの一例ですが紹介したいと思います。

ふるさと納税

そもそもふるさと納税とは??

ふるさと納税制度が始まったのは本当に最近の話です。

2008年に「任意の地方自治体へ寄付(納税)したい」との要望により始まりました。

人口の多い大都市の地方自治体では自然と住民税収は多く問題はないのですが、過疎化が進む地方の自治体では税収が少なく高齢者率も高いため福祉への予算で財政が圧迫されそれを解消するために始まった制度です。

税収の少ない自治体では特典をつけてでも寄付を集めたいところが本音です。
ふるさと納税は、文字通り生まれた町に寄付をする目的でも行われます。

ふるさと納税の金額

ふるさと納税で寄付した金額は確定申告にて減税されます。
これは所得にもよるので「いくらまで」というより減税対象額との計算が必要になります。
基本的には2,000円までは自己負担となりますがそれを超えた分が全額所得控除の対象になります。
一例ですが計算方式を紹介します。

スポンサーリンク

所得税控除額を計算する  ①(寄付額ー2,000円)×所得税率で求められます。
所得税率は所得に応じて変わるのでそれそれ調べてみてください。
住民税控除額(基本控除額)②(寄付額ー2,000円)×所得税率
      (特別控除額)③(寄付額ー2,000円)×(90%ー所得税率)
以上の①+②+③の合計が寄付控除の対象額になります。
しかし限度額はありますので注意してください。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットは大きくは2つです。
まずは、節税対策です。
先に述べたとおり2,000円の自己負担はありますが、それを超えた分は所得控除の対象になります。一つ問題点は控除するためには通常サラリーマンですと基本的に源泉徴収と年末調整で税金の手続きは終わりなのですが、ふるさと納税の控除に関して確定申告をおこなうことが必要になります。

2つ目のメリットはTVでもよく取り上げられている特典や特産品・優待券などが頂けます。
それは2,000円以上のものもありお得です。

せっかく寄付するならお得にしたい!!そんな方も納得できるお得な寄付先

寄付先によりいただけるものはたくさん種類があります。
基本的にはどこに寄付してもお得な感じです。特にオススメなのは農産品やお肉など現物で郵送されたほうがお得です。
お米や肉などの方がおススメとしている理由は、優待券とかだと近くならいいけど遠いと…

今は書店やインターネットで調べることができるので、まずはご自分のふるさとを調べどんなものが貰えるかを確認してみましょう!!

最後のまとめですが、ふるさと納税は基本的には損のない制度です。
そして美味しいものが送られてきて楽しみも増える制度です。
過疎化で悩む地方自治体も納税されることで助かります。
悪いことが見当たらないふるさと納税、是非利用してみてください。

スポンサーリンク