スポンサーリンク

この記事は約 241 で読むことが出来ます

そろそろ夏本番。って感じですね~
天気予報を見ても、全国的に25度を余裕で超える日が続いています。
これからの季節毎回話題になるのが、『熱中症』『日射病』『食中毒』です。

今回は 『熱中症』 をメインのテーマに記事を書いています。

まず、熱中症って実はその症状から分類されているのってご存知でしたか?
熱中症

熱中症は主に4つの症状を総じて『熱中症』と呼ばれます。
1つ目は『熱失神』 2つ目は『熱性痙攣(けいれん)』 3つ目は『熱疲労』 4つ目は『熱射病』

熱失神は外気温や直射日光で、血圧が急上昇することで立ちくらみや失神などを起こすこと。
発生タイミングは、走っているあとよりも走り終わった後に起きやすいようです。呼吸や脈が極端に早いため、一時的な酸欠を引き起こします。

熱性痙攣は多量の発汗をすることで、水分だけでなく塩分も体外へ出てしまうため、筋肉の働きを著しく低下させてしまい痛みを出しながらけいれんするようです。
発生タイミングはこちらも熱失神同様に、運動中よりも運動後に起きやすくなっています。

熱疲労は熱痙攣同様、塩分不足による脱水症状に似た症状。立ちくらみや強い吐き気、頭痛、力が入らない。という状態に陥ります。

スポンサーリンク

熱射病は前記載の症状の中で最も危険で、対処が遅れると命の危険を予感します。
脱水症状の状態で、且つ、体温調整がうまく出来ないと陥るようです。
熱射病の特徴として、顔をはじめ全体的に熱を持っているので赤く火照った感じが見た目でわかります。
体温が高いにも関わらず、発汗することが出来ず体温は上昇し続ける傾向があり、40度を超えることもあります。
ここまでくると、体中で異変が起きておりめまいをはじめ吐き気、立ちくらみ、激しい頭痛、意識障害が見られます。加えて、痙攣などの症状を併発し緊急性が極めて高い状態です。

これらを踏まえて、万が一これらの症状いずれかに当てはまったと思ったら...

まずは 『涼しい場所へ移動』
可能な限り、エアコンが効いている室内が良いと思います。
つぎは 『服を脱いで発汗しやすい状態へ』
危険な症状になるにつれ発汗が出来なくなります。体温を下げられる状況へ
そして 『後頭部を冷たいタオルで冷やす』
体全体を冷やす必要がありますが、まずは後頭部を。冷やすものがなければ、うちわなどで煽いでもらいましょう
最後に 『水分補給をたっぷりと』
水やミネラルウォーターよりも、スポーツドリンク。特にポカリスウェットなどがオススメです。この時の注意点として、一気に飲まないこと。水っぱらになるばかりか、お腹が下ってしまうかもしれません。

熱中症は子供をはじめ成人、高齢者、犬も熱中症になってしまいます。
十分に上記の4項目を留意し、万が一の際には最速の対応を!また、熱中症の症状が出ないように水分(スポーツドリンク)はこまめに飲ませてあげて、休憩中には可能な限り体温を下げてあげる努力をしましょう。
間違っても、車の中に置き去りにしちゃいけません。場合によっては刑罰を科せられることもあります。

それでは、これから短い夏を健康にすごしましょ~

スポンサーリンク