スポンサーリンク

この記事は約 226 で読むことが出来ます

何かと話題になっているふるさと納税。でも本当は、ふるさと納税ではなく
「ふるさと寄付金」という制度なんです。
「ふるさと」と名称がつけられているから、自分の生まれ故郷にしか納税できない。
と思われている方が多いらしいんですが、実際はどこでもOK!!

寄付した代わりに、納税した自治体から特典として肉や米にはじまり魚介類や電化製品など自治体の特産品がお得に貰える制度ということで大人気!!2,000円以上納めることで、ほぼ丸々税金の控除対象になるうえ、品物が貰える大変お得な制度です。

今回もふるさと納税でお得に貰える果物を贈ってくれる自治体をご紹介!!

ふるさと納税 2015

ふるさと納税でメロンを贈ってくれる自治体

果物の王様といえば、やはりメロンは外せません。
あの物理的存在感といい、そこにあるだけでふんわりと香る甘い匂いといい
食卓に上れば子供からお年寄りまでテンションが上がる事間違いなしです。

そんなメロンをふるさと納税の特典としているのは青森県つがる市や千葉県銚子市。

つがる市は三万円の寄付から、銚子市は二万円の寄付からそれぞれメロンを含む特産品のコースを申し込む事が出来ます。

スポンサーリンク

桃が貰える地方自治体

メロンが王様なら、さながら桃はフルーツ界のお姫様といった所でしょうか。
甘い果汁に柔らかな果肉。
なのにうっかり触ると痒くなってしまう産毛など
ファンの心をくすぐるプライドの高さが溜まりません。

そんな桃を特産品としてゲット出来るのは、長野県豊丘村や山形県東根市。
豊丘村は一万円から桃が三キロも貰えちゃいます。
また東根市は一万円からでも五キロの桃が貰えるのですが、二万円の寄付だとなんと桃が三キロに山形牛のステーキ肉までセットで頂けてしまうのです!!

ちょっぴり余裕があるのなら、二万円以上のコースもおススメです。

果物の定番!?ふるさと納税でりんごを贈ってくれる市町村

具合が悪い時には摩り下ろして、パフェなどには
ウサギに形を変えて私達の目を楽しませてくれる庶民の果物、りんごも魅力的です。

りんごは先に紹介したメロンや桃と同じ産地であるつがる市や豊丘市でも特産品として選べますが、他にも山形県の長井市や米沢市、長野県中野市でも一万円の寄付から選べます。



りんごは産地が多い上に寄付額が少額からでも選択肢に入っているので、色々食べ比べてみるのも一興です。

ちょっともったいない気がするけどミカンもあります

こたつの時期でなくても、食卓にみかんがあればついつい手を伸ばしてしまうのが日本人の性。

そんなみかんが特産品で選べるのは、福岡県大牟田市や岡山県の倉敷市。
共に一万円の寄付で選ぶ事が出来ます。

みかんに絞らず、柑橘類という括りで選べば更に選択肢は増えますので、お好みの味を探してみてください。

スポンサーリンク