スポンサーリンク

この記事は約 221 で読むことが出来ます

いよいよ3月になり季節も春めいてきましたが春は人事異動や定年退職、小学校や中学校、高校、大学卒業、入学など人生の節目となるイベントが多い季節です。

このような場合、異動する方や退職する方

入学や入社で遠くに行ってしまう方々にお餞別をお渡しする機会も増えます。

このお餞別。どのような場合にどの程度の金額を渡すのが相場なのでしょうか??

色々、耳にしたりする餞別ですが、意外と知らないことも多いフレーズではありませんか??

今回は、意外と知らないお餞別の金額の相場について

お餞別の意味合いも含めて調べたのでまとめてみました!!
餞別

まずはじめにお餞別の意味について

お餞別は、退職、異動、旅行、転居などによって

移動していく人に対し贈る金品のことを餞別と言います。

これは、かつて旅が今より困難を伴った時代に

旅の足しにしていただいたり新天地で困らないよう少しお助けするという意味で

お金を渡していたことが餞別のルーツとなっています。

このようにお餞別はお祝いとは異なりますので

スポンサーリンク

お祝いのように大きな金額は不要なので一般的。

また現代はお餞別を渡す機会が退職、異動、転居などさまざまな理由で発生しますので

このような理由によっても多少その金額を変える必要があります。

では、具体的にどのような機会にどの程度の金額を

お餞別として渡すべきなのか以下の通りまとめました。

お餞別の状況に応じた具体的な金額

まず、定年退職する方へのお餞別です。

この場合、職場全体で出す場合と個人で渡す場合があるでしょう。

職場全体なら一人あたり1,000円~5,000円くらいまでが妥当。

個人なら5,000円~30,0000円くらいまでが妥当です。

定年ではなく単なる自己都合での退職の場合は

職場全体なら一人あたり500円~3,000円程度

個人ならば3,000円~5,000円程度が妥当です。

異動や転勤の場合は

職場全体なら1,000円~3,000円くらい

個人ならば3,000円~5,000円程度が妥当でしょう。

転居する方へ送る場合

グループで贈るなら一人あたり500円~3,000円程度

個人で贈るなら1,000円~30,000円程度が妥当でしょう。

以上すべてにおいてお金と一緒に物を渡す場合は、その分金額は減らしてバランスをとるようにしましょう。

上司から部下へと言う場合、餞別代りに参考となる書籍やボールペン

時計やネクタイなどを贈ることも多いですよね。

その方との関係性も踏まえて、相場内で適当な金額を調整するようにしましょう!!

スポンサーリンク